このワザで、鼻づまりをたったの2分で解消!

風邪をひいたとき、屋外の暑さと室内の冷房の差を感じるごとに鼻が垂れてきたり、就寝時に息がしづらくてなかなか眠れなかったりと、悩みが増えます。 スプレーや薬で鼻炎を抑えることはできますが、薬を使うのが嫌いな人や、薬が手元にない場合などに以下の2つの技が威力を発揮します。

1. 舌とツボ

舌の先を数秒間硬口蓋(口の中の天井)に押し付け、その後力を抜いてリラックスさせます。

YouTube/Prevention Magazine

それと同時に、中指と人差し指で眉間を数秒押します。

YouTube/Prevention Magazine

この二つの動作を同時に、数回繰り返します。眉間を押しながら舌に力を入れて、ツボから指を離すと同時に舌の力を抜きます。

YouTube/Prevention Magazine

2. 息を止める

とってもシンプルですが、これが効きます!息を深く吸い込み、上を見上げて鼻を指で押さえます。息をできる限り長く止め、我慢ができなくなったら離します。以上!

YouTube/Prevention Magazine

この2つのトリックを紹介した動画です。(英語音声)

最初のトリックは鋤骨(じょこつ)を動かし刺激することによって鼻腔がクリアになるという仕組みだそうです。2番目のトリックは、体が息ができない状態に陥っていると錯覚した脳が鼻水の量を抑える原理を使ったものなのだとか。

 

風邪だけでなく、花粉症に効くかどうか分かりませんが、試してみたいですね!

コメント

おすすめの記事