体を痩せやすくしてくれる|ブロッコリーダイエット

お腹周りがキツくなるたびにダイエット、そして再び食べすぎてリバウンド…の繰り返しをしていませんか?慌てて無理なダイエットや筋トレに励むのもいいですが、できるなら無理せず、そして体の健康にもいいダイエットをしたいものです。そこで今回は食べて体を中から整えることができるダイエット法をご紹介します。

ダイエットに役立つ食材として、おすすめなのが「ブロッコリー」。ブロッコリーはアブラナ科の緑黄色野菜で、食物繊維やビタミンCをはじめとするビタミン類、そしてミネラルなど非常に多くの栄養素を豊富に含んでいます。ダイエット時はつい栄養が偏りがちですが、ブロッコリーを取り入れてダイエットをすることで、体を健康に保ちながらも痩せやすい体を作ってくれるのです。

ブロッコリーの嬉しいダイエット効果は以下の通り。

◾️ 低カロリーで満腹感もたっぷり
ブロッコリーには水分が多く含まれており、100g当たりの水分量は89.3g、そしてカロリーは34キロカロリーと低カロリー。しっかりとした歯ごたえと食べごたえある野菜なので、よく噛んで食べれば食事量を減らしても満腹感が得やすいのも特徴です。食事量を減らしたいという方はブロッコリーを多めに食べると量とカロリーともに減らすことができます。

◾️ 脂肪の蓄積を抑える
ブロッコリーに多く含まれるクロムというミネラルには、インスリンに働きかけ、糖質・たんぱく質・脂質の代謝をサポートする作用があると言われています。
私たちが普段の食事で摂取した糖質などは、代謝によってエネルギーとして使われます。しかし、エネルギーに変換されないと脂肪として体内に溜まってしまうため、ブロッコリーを食べることで、そのクロムが代謝のサポートをしてくれ脂肪の蓄積を抑えることにつながるのです。

◾️ むくみ予防
寒い季節気になるのは、体のむくみ。むくみが慢性化してしまうと、代謝の低下も招き太りやすさにもつながります。ブロッコリーには、むくみを解消してくれるカリウムが豊富に含まれるため食事に取り入れることで、体内の余分なナトリウムが排出されむくみの防止、代謝アップにつなげることができます。

◾️ 便秘解消
ブロッコリーは不溶性食物繊維を多く含むため、腸のぜん動運動を促し便秘を解消し、腸内環境を整えてくれる働きも持っています。

また、ブロッコリーは脂肪がつきにくい体作りだけでなく、ダイエットをサポートしてくれる作用も持ち合わせています。

◾️ 美肌やアンチエイジング
ブロッコリーに含まれる豊富なビタミンCは、100g食べれば1日に必要な量が摂れてしまうといわれているほど。その量はレモンの2倍とも言われています。ダイエット時は偏りがちな栄養によって、肌荒れなどが起こりやすいですが、ブロッコリーならそのビタミンCが美白効果やたるみ防止と言った肌の悩みにも効果を発揮してくれます。

◾️ 筋トレをサポート
ダイエットをしているという方の中には、筋トレを取り入れているという方も多くいらっしゃると思います。しかし女性の中には、なかなか効果が現れないという方もいるのではないでしょうか。ブロッコリーに含まれるグルコブラシシンという成分には、女性ホルモンのエストロゲンの働きを抑える作用があると言われており、それにより男性ホルモンが働きやすくなるため、筋肉がつきやすい状態に整えてくれるのです。ブロッコリーを筋トレの前に食べることで、その効果が期待できるそうです。

普段何気なく食べているブロッコリーですが、実はダイエットに嬉しい効果がこんなにも多く含まれていたのです。また、その方法はとても簡単で、毎日の食事に取り入れるだけ。量の目安は1日100gほど。中でも効果が高いのは、食事の時に一番最初にブロッコリーを食べるという方法。炭水化物との置き換えだとさらに効果もありますが、急激なダイエットはリバウンドの恐れもあります。最初にブロッコリーを食べてしまえば、満腹感も得られ食事量が減り、自然とダイエットにつなげることができます。

スーパーで手軽に手に入り、サラダにしたり、お味噌汁の具にしたりとバリエーションも豊富にあるブロッコリー。ちょっと体重が気になるという方や、脂質多めの食事になってしまったという方はリセットの意味も込めてブロッコリーを毎日の食事に取り入れると良さそうです。

プレビュー画像:©︎Pinterest/Dlc Bot.

出典

macaroni

プレビュー画像:©︎Pinterest/Dlc Bot.

コメント

おすすめの記事