乾燥したパンを蘇らせる方法

パンが乾燥するとボソボソして食べづらくなってしまいます。そこでパンを主食とするヨーロッパから乾いたパンをもう一度蘇らせるライフハックです。

必要なもの:

  • 乾燥したパン
  • ペーパータオル
  • アルミホイル
  • セロリ

電子レンジ版

ペーパータオルを水道の水で水で濡らします。

乾燥したパンを包みます。

電子レンジで10秒間だけチンします。

フレッシュ感が戻っているはずです。

オーブン版

オーブンを150℃にあらかじめ熱して、乾燥したパンをアルミホイルで包みます。パンのてっぺんの部分に少量の水をつけます。つけすぎるとグチョグチョになってしまうので注意しましょう。

パンの種類によって5分から20分オーブンに入れます。

取り出して冷まします。

セロリ版

セロリを乾燥したパンとともにビニールの袋に入れ、口をしっかり閉めます。

冷蔵庫に最低でも数時間入れます。一番いいのは就寝前に冷蔵庫にいれ、一晩入れておきます。

袋から取り出してみるとセロリが干からびているはずです。パンに水分を吸収されたからです。

オススメ: あまりにもパンが乾きすぎている場合は上のライフハックを試しても効果がありません。そのような時はスープ用にクルトンを作るか、池などで鴨や鯉にあげましょう。

最後のトリックは干からびたセロリで何をすればいいのかとの疑問が湧きますが、野菜のストックをとったりスープに入れたりしましょう。

Merken

Merken

コメント

おすすめの記事