クリスマスは終わったけどライトはまだ消したくない!人に試してもらいたい、LEDライトをもっと長く楽む方法。

クリスマスの時期が終わるとしまわれてしまうLEDライトですが、ちょっとした工夫で年明けから春まで楽しむことができます。

必要なもの:

  • LEDライト
  • 白とピンクの薄紙
  • 枝 プラスチックで良い
  • 紙テープ こげ茶か黒
  • 花瓶
  • 装飾用の砂
  • 捻り結束
  • ハサミ

作り方:

まずはじめに小枝を用意します。

YouTube/Handmade4all

LEDライトを枝の下の方から先に向かって絡めます。

YouTube/Handmade4all

捻り結束でLEDを枝に固定します。

YouTube/Handmade4all

正方形に切った薄紙を4枚用意します。この場合は、白2枚、ピンク2枚です。

YouTube/Handmade4all

4枚を重ね、半分に折ります。

YouTube/Handmade4all

左端から折りあげ...

YouTube/Handmade4all

右端からも同じように折りあげます。

YouTube/Handmade4all

ハサミを使って上部を丸く切ります。

YouTube/Handmade4all

広げると花びらの形になっているはずです。

YouTube/Handmade4all

糊で花びら同士をくっつけます。

YouTube/Handmade4all

LEDライトを通すために花びらの真ん中にハサミで穴を開けます。

YouTube/Handmade4all

これをライトの根元に固定。花びらを少しひねって立体感を出します。

YouTube/Handmade4all

だんだん形になってきました。

YouTube/Handmade4all

紙テープでLEDのケーブルを覆っていきます。

YouTube/Handmade4all

白いケーブルが見えなくなりました。

YouTube/Handmade4all

装飾用の砂を花瓶に入れ、枝を挿してバッテリーも一緒に入れます。

YouTube/Handmade4all

これで完成です。

YouTube/Handmade4all

早速ライトをつけてみましょう。

YouTube/Handmade4all

YouTube/Handmade4all

クリスマスライトとは違った趣です。

YouTube/Handmade4all

作り方のビデオはこちら:

出典

YouTube

コメント

おすすめの記事