【トリビア知識】チュッパチャップスの穴ってなんのためにあるの?

1958年にスペイン・カタルーニャのバルセロナで誕生した、棒付きキャンディ「チュッパチャップス」。 そのポップでかわいいロゴはカタルーニャの芸術家サルバドール・ダリが原型をデザインしたことでも知られます。ところでチュッパチャップスを舐め終えたあと、棒に穴が空いているのに気づいた人はいますか?

これはキャンディを棒に固定させるためです。製造過程で液体状のキャンディは棒の周りで丸く固まるだけでなく棒の穴の中にも流し込まれ、棒内部からしっかりとキャンディの固定に一役買っているのです。

このチュッパチャップスにまつわるトリビアな知識、飲み会の話のネタに使えるかもしれませんね!

コメント

おすすめの記事