コーラのペットボトルを型にして作る、そっくりキャンドル

停電の時にライトの代わりとして使えるロウソク。皆さんも家に常備しているのではないでしょうか。 最近では様々な形や色のものが売られていますが、今回はまるでコーラのボトルに見えるような不思議な形のロウソクを自宅で簡単に作る方法をご紹介します。

必要なもの:

  • 空のコーラのボトル 1本
  • 黒と紫のクレヨン 1本ずつ
  • 白いロウソク
  • ナット 1個
  • つまようじ 1本
  • ロウソクの芯 1本

まずはじめにコーラのボトルを空にしましょう。もちろん全部飲んでしまっても大丈夫です。

Youtube/MrGear

次にロウの用意です。ここで重要なのは色の付いていないロウを使うことです。透明か白のロウソクがあればベストでしょう。作例では白のロウソクを使っているので、出来上がった時に、ボトルが冷たく冷えたように見えます。これにクレヨンで色を付けていきます。

裏ワザ:ここではまずロウソクから芯を抜く必要があります。ロウソクを砕いてから引き抜くようにすると簡単に取れます。

Youtube/MrGear

クレヨンについては、コーラの色を再現するため、黒とこげ茶色を使うといいでしょう。

Youtube/MrGear

ロウソクとクレヨンを皿に入れ、完全に溶けるまで湯せんしましょう。こうすれば、安全で均等に溶かすことができます。溶けてきたらよく混ぜて、色を均一にしていきます。

裏ワザ:コーラのボトルの大きさによっては、クレヨンは1本ずつでは足りなくなる場合があります。追加して色の調節をしましょう。

Youtube/MrGear

ロウソクの芯となる部分を作ります。市販されているロウソク用の芯か、たこ糸を使えば大丈夫です。コーラのボトルの高さよりも少し長い程度にひもを切りそろえ、ひもの先端にナットと、反対の端にはつまようじを結び付けます。

Youtube/MrGear

空になったコーラのボトルの中に糸を垂らします。ナットがボトルの底につき、ボトルの口につまようじが引っかかるような形で設置しましょう。

Youtube/MrGear

あとは肝心のロウです。ロウが熱いうちにボトルに流し込み、固まるまで待ちましょう。

Youtube/MrGear

全体が冷えて固まったら、周りのペットボトルのプラスチックを切って、気を付けながらロウから剥がしていきます。

Youtube/MrGear

最後に、ボトルから剥がしておいたラベルをのりでくっつけ、完成です。

Youtube/MrGear

見た目は本当に冷凍したコーラのボトルのようなロウソクなので、インテリアの飾りとしてや、友達を驚かすことににも使うことができます。

Youtube/MrGear

こちらが作り方のビデオ:

このロウソクは、ペットボトルであればどんなドリンクでも作ることができます。中身の色に合わせてクレヨンの色を合わせてください。単なる避難グッズではありません。遊び心があれば緊急時にも心が和みます。

コメント

おすすめの記事