発ガン性のある添加物が日本のスナック菓子には含まれている?衝撃の画像!

日本の食品は安全と信じられており、多くの人が、外国産よりも国産の食べ物を好んで消費しています。 しかし日本では常識だと思っていたことが、海外ではまったく違う捉えられ方をしているケースがあるとご存知でしたか?先日、Facebookに投稿されたあるメッセージが、6000を超える人々によってシェアされるなど、大きな話題を呼んでいます。

その投稿をしたのは、アメリカ在住歴20年の日本人、Mariko Yoshikawa Thompsonさん。Marikoさんは、食と健康に関する知識を広く世に知ってもらうことを目標としている方です。実際にその投稿をご覧ください。

ーカルフォルニア州における、日本食品の売られ方ー

Grace Machiさんの投稿より)

これ、アメリカの日系スーパーでの現状です。

アメリカでは、食品には結構厳しく、輸入食品も含め第三者機関であるラボに出して、成分表(Nutrition Facts)を付けないとお店で売ってはいけないのですが、

カリフォルニア州は中でも全米一健康志向が高い州で、州法で全ての食品を含む商品に「有害物質の表示」が義務付けられています。

そうなると、日本の食品(特にスナック菓子)は軒並みこんな感じに・・! 

無添加食品も含めて、ありとあらゆる食品にヒ素をはじめ鉛やカドニウム、そして癌や先天異常や生殖障害を引き起こす可能性がある化学物質が含まれていると表記されています。

まあ、そうでなくてもMSG(アミノ酸化学調味料)はお約束的に入っていて、元々ヤバいのは知ってましたが・・💧

今さらではありますが日本の食品に対する安全神話は完全に崩れました。誰ですか、国産食品は安全安心とかまだ言っている人は・・! 

こういう表示をしながら、明るく大安売りしているアメリカもどうかと思いますが(^^;;

見慣れたこのお菓子も

「警告:このポテトチップスには、アクリルアミドが含まれており、ガンや先天性欠損症、生殖への危害になりえます」

ポピュラーなこのタレにも

「この商品にはカルフォルニア州でがん、先天異常、その他の生殖障害を引き起こす可能性があるとされている化学物質が含まれております。」

アメリカの陳列棚で並べられた日本の商品には、警告がついているではありませんか!

Marikoさんがコメントしているように、カリフォルニア州は中でも全米一健康志向が高い州で、商品の有害物質の表示義務が日本よりも強いのです。例えばポテトチップスに含まれる「アクリルアミド」。これは日本ではあまり知られていませんが、油で揚げた食品に多く含まれており、 がんリスクが高いと報告されています。

それ以外にも、MSG(アミノ酸化学調味料)など、日本ではあまり重要視されていなくとも、国外では危険だと認識されているものが当たり前のように含まれているのが日本の食品の現状なのです。

いかがでしたか?日本の食品は安全と信じられており、そんな神話を突き崩すかのような衝撃的な画像です。もちろん、すべてのメカニズムが解明されているわけではなく、どれほどの因果関係があるのかは未知数な部分が大きいのも確か。しかしリスクがあると知らずに消費するのと、知った上で消費するのではその意味合いは全く異なります。自分で責任を持って、意識的に食べ物を選んでいく必要があるでしょう。ぜひシェアしてくださいね。

 

コメント

おすすめの記事