洗濯機で洗っても洗い物がきれいにならなかったら、洗濯機自体を掃除してみて。

洗濯物が、洗っても洗っても、イマイチきれいにならない…なんてことはありませんか?洗ったのに不快な匂いが残っていたり、カスのような汚れがついていたとしたら、その原因はもしかしたら洗濯機にあるかもしれません。

1

いかに外観がきれいでも、洗濯機の中は汚れが蓄積しています。洗濯槽の穴には衣類からの汚れや溶け残りの洗剤などが入り、使うたびに汚れが溜まっていってしまっているのです。定期的に洗濯機の掃除をしていないと、汚れや黒カビが衣服に付着しとても不衛生です。それだけでなく、肌荒れやアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあるのです。

ですから、最低でも1年に1回は洗濯物を何も入れずに、お湯と少量のお酢で洗濯機を回してください。こうすれば、手の届きにくい場所も清潔にすることができます。洗濯機によってはこれでも洗剤投入口はきれいにならないので、ご自分で掃除してください。回し終わったら、洗濯機のドアを開けて次回使用時まで乾かしてください。ドラム式洗濯機の場合は、カビが発生しやすいゴムパッキンの部分の掃除も忘れずに!

1

いかがでしたか?意外と見落としがちな、洗濯機自体の掃除。大切な衣服を守るためにも、自分の健康を守るためにも、ぜひ習慣にしてみてください。

コメント

おすすめの記事