古くなったサングラスを再びカッコよくオシャレにする方法

色や形が時代遅れになった古いサングラスがタンスで眠っていませんか?DIYで来年のためにアップグレードしてみましょう。 子供の工作の課題としても最適です。あくまでも「使わなくなった」ものが対象なので、高級なサングラスなどはくれぐれも使わないようにしてください。もちろんビデオの例の様に安いサングラスを買ってもオッケーです。

手芸店などで販売しているプラスチック製のハーフパールを使います。

You Tube/TheSorryGirls

ほとんどのハーフパールはシール状になっていますが、接着力が弱いので粘着部分を剥がし、強力な接着剤を使って固定します。

You Tube/TheSorryGirls

注意して並べていきましょう。

You Tube/TheSorryGirls

これが完成体です。ハーフパールの代わりにラインストーンをつかっても綺麗ですね。

You Tube/TheSorryGirls

次の例は色の変え方です。まず最初にレンズを外します。ほとんどのレンズは指で押し出すことができます。

You Tube/TheSorryGirls

レンズのはまっていた溝を養生し、プライマーを吹きかけて下地を作ります。これをしないと塗料のくっつきが悪くなり剥げやくなります。

You Tube/TheSorryGirls

次にフレームの下半分を養生します。

You Tube/TheSorryGirls

裏側もしっかり養生しましょう。

You Tube/TheSorryGirls

アクリル塗料を塗ります。

You Tube/TheSorryGirls

塗料が乾いたら今度は上半分を養生して下の部分に塗料を塗ります。

You Tube/TheSorryGirls

塗料が乾いたらレンズを戻します。

You Tube/TheSorryGirls

こちらが完成した状態です。マスキングテープの使い方が甘いと、このように線が微妙になるのでご注意!またホコリが付くと目も当てられない状態になってしまいます。

You Tube/TheSorryGirls

こちらのアイディアはプラスチックのバラを使う方法です。

You Tube/TheSorryGirls

あらかじめどこにバラをつけるか見当をつけておき接着剤で固定するだけ。

You Tube/TheSorryGirls

たったのこれだけで完成です。

You Tube/TheSorryGirls

こちらが作り方のビデオです(英語のみ): 

インパクト大のサングラス、買うのは気がひけるという方も簡単に作って遊んでみてはどうでしょう。

コメント

おすすめの記事