飼い主と犬の性格は似ていることが研究で判明

正面から顔をパッと見たとき、ワンコと飼い主の顔がどこか似てるな〜って思う時ってありますよね?飼い主と犬の見た目が似ているのは微笑ましい光景ですが、なんと2019年2月15日に学術誌「Journal of Research in Personality」でそれが科学的に証明されたと発表されたのです。

pin

とはいっても類似性が確認されたのは、外見ではなく犬と飼い主の性格です。この論文を発表したアメリカ・ミシガン州立大学の心理学者ウィリアム・J・チョピク氏は、人と犬の絆に興味を抱き、両者の関係と変化について調査をはじめました。

pin

今回の調査は生後数週間〜15歳までの50種以上の犬1681匹の犬とその飼い主を対象に行われ、犬の飼い主たちに自分の性格と飼い犬の性格についてアンケート用紙に記入してもらう調査方法が採用されました。こうして集めたデータを分析したところ、犬の性格は飼い主の性格と関連があり、犬と飼い主の性格の特徴が類似していることが分かったのです。

pin

例えば、社交的で明るい性格の人は、活発で元気な犬を飼っている割合が、ほかの人の2倍も多いことが判明。また繊細な性格の飼い主は自分の犬について「怖がりだ」とする傾向が見受けられたそうです。チョピク氏曰く「落ち着いた人の飼う犬は、落ち着いた性格」だとか。

pin

もちろんこの調査方式では犬の考えや意見を直接聞くことができないため、「飼い主から見た飼い犬の性格」を元にすることでバイアス(思い込み)が生じていることが懸念されます。しかし過去の研究結果などから、犬の性格については飼い主以外でも飼い主と同じ評価になる傾向が強いと分かっていることから、問題ないとしています。

pin

それではなぜ、犬と飼い主の性格に類似点が見られるのでしょうか?その原因について論文では触れていませんが、チョピク氏はその飼い主がどんな犬を好んで選ぶのか、そして飼い主の犬の性格への影響が挙げられると推測しています。

チェピク氏によれば、人は犬を家族に迎えるとき、無意識に自分の生活習慣にあった犬に惹かれる傾向にあるのだとか。つまりやんちゃで人懐こい犬が好きな人もいれば、落ち着いておとなしい性格の犬を好む人もいて、それは自分の性格に合った犬を選ぶためなのだそう。そして飼い主との日々の関わり合いの中で、犬の行動や性格が形成されていくのだと言います。

pin

いかがでしたか?「犬を見れば飼い主の性格がわかる」とよく言いますが、あながち嘘ではなかったようですね。あなたは愛犬の性格が自分と似ていると思いますか?

コメント

おすすめの記事