【ドイツ風】「農夫の朝食」カルツォーネのレシピ

ドイツ料理の典型的なものの一つとして「バウアーフリューシュトゥック」(農夫の朝食)というものがあります。通常は巨大なオムレツのようなものなのですが、イタリアンのひねりを加えて、ピザ生地で包んでカルツォーネ風にしました。チーズとベーコン、卵たっぷり、ドイツ風カルツォーネのガッツリ朝食レシピをお楽しみください!

材料:

  • ピザ生地 1枚
  • ベーコン 6枚
  • じゃがいも 4個
  • チェダーチーズ 80g
  • モッツァレラチーズ 80g
  • 青ねぎ 50g
  • 卵 4個
  • こしょう
  • 黒ごま 20g

作り方:

1. ピザ生地を広げ、カリカリに焼いたベーコンを並べます。

2. じゃがいもを茹でて皮を剥き、スライスしたものをベーコンの間に並べます。

3. チェダーチーズ、モッツァレラチーズ、刻んだ青ねぎを振り掛けます。

4. 固茹で玉子3つを4つに切り、手前のベーコンの上に並べます。こしょうを振ります。

5. 生地の両側を内側に織り込みます。

6. 玉子の側から巻き上げ、黒ごまを振りかけます。

7. 溶き卵を生地の上面に塗り、予熱した180 °Cのオーブン(対流式の場合)で35分焼いて出来上がりです。

青ねぎの代わりにパセリでもオッケーです。ちなみに中に入れる具だけでオムレツを作れば「農夫の朝食」になるので、ピザ生地がなかったら試してください。

おまけ映像のレシピはこちらです。

コメント

おすすめの記事