必要なのはCDとペン|DIYドキュメントカメラの作り方

春先からコロナの影響で自宅からリモートで働く、オンライン授業に参加するなどと言った形を取っている人が増えた今年、デスク周りの環境を整えたという人は多いはず。

机や椅子を快適なものにしたり、ヘッドセットやノートパソコンスタンド、キーボードを購入したり…。そんな中、特に会議やオンライン授業の際、ノートや紙資料の内容を共有したいときパソコン内蔵のカメラでは写しにくく困ったことありませんか?

手元を映し出すことができる便利なドキュメントカメラ(または書画カメラ)というツールもありますが、使用頻度がそんなに高くないという時はこのツールを家にあるものでDIYしてしまうことができるんです。スマホやタブレットをPCとは別にスタンドに固定して映し出す方法もありますが、これから紹介する方法は驚くほど簡単なのです。

pin

では、DIYドキュメントカメラの作り方を詳しく説明いたします。

<ドキュメントカメラの作り方>
用意するもの:
- CD 1枚
- 鉛筆やペンなど棒状のもの 1本
-10円玉や100円玉などの硬貨 1枚

作り方:
1. パソコンの画面後ろの中央部分に垂直にペンや鉛筆を貼り付け固定します。

2. 鉛筆にディスクの反射面を下にしてセットし、ディスクの表面の下部分にコインを貼り付けて完成です。(硬貨の重みでディスクの角度が調整されます)

こうしてセットするとキーボード上に置いた書類やノートがディスクに反射されカメラに写し出されるのです。家にあるもので簡単に即席のドキュメントカメラができてしまいました!こちらの方法、硬貨なしで手で支えてもOK。

オンライン授業でお子さんが先生にノートを見せる時など、ちょっとした時にサッと使える便利ワザ。家にあるもので簡単にできてしまうのが嬉しいですね。ぜひ試してみてください。

プレビュー画像:©︎Facebook/Carmen Castrejon

コメント

おすすめの記事