シンクに洗い物を放置しているとどれくらい菌が増えてしまうか知っていますか?

料理の準備って本当に大変ですよね。でも本当の試練は、晩餐が終わった後に待ち受ける山のような洗い物。 ほとんどの人が「今日はもう疲れたし、とりあえず水に浸しておけば大丈夫でしょ」と洗い物を翌日以降に放棄した経験があるのではないでしょうか。でもその行為、あなたが思っている以上に、ずっと危険なんです。

[email protected]

衛生微生物研究センターによると、水につけておられた食器は、10時間後(つまり、翌朝)には大腸菌やブドウ球菌などの菌類が約7万倍に増えてしまうそうです。これは、台所の排水溝の汚さに匹敵し、食中毒などを引き起こす危険性が高まります。

1

「でも、どれだけ菌が増えても、その後しっかりと洗剤で洗えば平気でしょ?」そう思う人もいるかもしれません。しかし一度菌類が増殖した食器を洗剤で洗っても、最大で1000分の1程度しか菌は減らないのだそう。さらに食器の溝など、洗いにくい場所だと10分の1しか菌は減らず、もはやこうなってしまっては、新しい食器の購入を検討した方が良いでしょう。

1

いかがでしたか?食器を清潔に保つ上での鉄則は、食べ終わったらすぐに食器を洗うこと。しかしどうしてもそれが難しい場合は、食洗機の導入を検討してみても良いかもしれません。きちんとした知識を持って、健康を守っていきましょう。

コメント

おすすめの記事