段ボール箱をL字型に設置したママ。その理由が天才的だった!

フィリピン人のママ、ロデッサは、1歳になる愛娘のために台所の一角にミニキッチンを作り上げました。 おもちゃ屋で買ってきたものではなく、元はただのダンボールなのだとか。母の愛情がたっぷり詰まった、見事な出来映えのキッチンをご覧ください。

キッチンの一角に段ボール箱を集め、L字型に設置。

 

カッターナイフで切り抜く場所にしるしをつけます。

 

アクリル塗料と色紙を使って飾り付け。女の子らしいかわいい配色です。

 

ポット、食器などの小物を設置。レンジのノブには古い蓋、オーブンのハンドルは洗剤の箱の取っ手を使っています。

 

シンクには金属製のボール。蛇口は液体石鹸の容器についていたポンプです。

 

「オードリーのカフェ・レストラン」と命名。オードリーちゃんも楽しそう。

 

メニューを書かれたボードや、コンピューターや電話もあります。

 

これを全て、土日だけで作り上げてしまったのだとか。完成度の高い、素敵なキッチンですね。

コメント

おすすめの記事