扉のストライクの補強で空き巣に躊躇させる

年末年始は早く日が暮れ、家を留守にする機会が多くなるので空き巣の被害が増えます。あなたの玄関は大丈夫ですか?ドア錠をピッキングしにくいものに取り替えたり、サムターン回しが出来ないようにするなど対策がありますが、一つ重要なものを忘れていることが多々有ります。 他の防犯システムなどを買う前にチェックしてみる必要が有りそうです。

pint1

錠でドアをロックする場合、構造的に一番もろい部分はストライクという部分であることが多いのです。このストライクとはドアフレームにある穴の空いた金属のプレートで、ここに錠のボルトが入ってドアが開かないようにします。例えば木のドアフレームでこのプレートが弱いと泥棒は錠を開けることなく、強引にドアを開けることができます。ドアを前後に強く動かしてみると、この部分の強弱がすぐにわかります。

このストライクをとめているネジが細くて短いことがよくあります。これではいくら錠が良くてもすぐにドアを蹴り破られてしまいます。対策はドアフレームに空いている穴の部分まで金属の部分が窪んでいてハマるものに変えたり、太くて長いネジに変えることです。ネジを交換するだけならとても安くできるのも魅力です。

Pixabay

とは言っても泥棒が入るのはもちろん扉のみではありません。窓なども防犯をしっかりしましょう。泥棒を欺くために留守の確認がしづらいようにしたり、周りから監視のめが届きやすいようにすることが大切です。空き巣対策をちょっと確認してみましょう。

出典

quirlycues via gotumble

コメント

おすすめの記事