災害に備える防災ライフハック。

平成の31年間は、阪神大震災や東日本大震災をはじめ、多くの超級自然災害に見舞われた時代でした。 自然の力はあまりに大きいもの。それでも災害時のシミュレーションをし、日ごろから災害に備えておくことがどれほど命を守ることになるかを、震災経験者の人たちがSNSを通じて教えてくれています。

どのアドバイスも実際に大きな地震を経験した人だからこそできるお役立ちアドバイスばかり。今、災害に備えて出来ることは何なのか考えながらご覧ください。

1. 保健対策

2. 防災袋に入れておいた方が良いもの

3. 震源が浅いと...

4. 地震酔い

5. 家庭備蓄は重要

6. 充電は忘れずに!

7. 会社より家族

8. 本震ではないかもしれない

9. もう大丈夫って思ったら...

10. 靴もちゃんと入れておく

 いかがでしたか。十分な対策をしておけば、大きな地震に見舞われても落ち着いて行動ができます。今から地震に備えて避難所の確認や家庭内備蓄を心がけましょう。

コメント

おすすめの記事