ちえとくをフォローする

Lifehacks

冷凍えびの解凍はこの液体にひたしておく そうすると信じられないくらいにぷりぷりに仕上がる

えびフライやえび天ぷら、またエビチリにパスタなど和食から中華、イタリアンまで幅広く使える食材のえび。冷凍えびを購入しておけば、困った時もすぐに使えて便利です。そんな冷凍えびですが、そのまま解凍するのではなくある方法で解凍するとえびがぷりぷりに仕上がる方法があるのです。

その方法は、冷凍えびを重曹と塩を溶かした水につけるというもの。

水500mlを入れたボウルに重曹を大さじ2、塩を大さじ1入れてそこにえびが解凍できるまで浸しておきます。20分くらいで解凍できますが、えびの大きさ、量で変わってきます。

[email protected]

えびを解凍するとき、そのまま解凍したり水に浸しておくと浸透圧によってえびから水分や旨みが流れ出てしまいます。水に塩を加えることで、えびを旨味を閉じ込めることができます。またえびに含まれるタンパク質は重曹が持つアルカリ成分によって固くなるため、重曹を使うことでえびの身をプリッとさせることができるのです。

また、この方法は生のえびを調理する時にも利用できます。その時は殻をむいたえびに塩と重曹をまぶし、手で揉み込み流水でしっかりと洗います。生のえびは身の隙間などにも細かい汚れがついていることがあるため塩を使うことで汚れを取ることができます。

えびの下ごしらえは、片栗粉やお酒を使う方法をよく聞きますが、重曹の働きでエビの食感がアップするのは嬉しいですね。ぜひ試してみてください。

プレビュー画像:©︎Twitter/Tadashikuikiru2