肥満に悩んでいる方オススメ!朝食に卵を一個食べると痩せる驚きのダイエット術

コレステロール、サルモネラ菌、高脂肪など、様々な理由から「卵を控えている」という現代人が少なくありません。 でも「卵を食べるとコレステロールがたまる」という考えは、もはや時代遅れです。卵からコレステロールを摂取しても血中コレステロール濃度には影響がないことが近年のさまざまな研究で明らかになっています。むしろコレステロールは細胞膜や、脂肪の消化に必要な胆汁酸の原料に欠かせない大切な栄養素なのです。さらに朝食に卵を食べるとダイエット効果があるって、みなさんは知っていますか?

卵を食べたあとって、満腹感がほかの食べ物とは違いますよね。研究によれば、朝食に卵を食べる人は日中満腹感が持続するために間食が減り、結果的に一日の総カロリー摂取量が少なくなることが分かっています。つまり減量もサポートしてくれるということです。

さらに60gの卵1個で、成人女性のたんぱく質必要量の約18%、脂質を代謝するのに必要不可欠なビタミンB2が26%もとれるそうです。炭水化物もほとんど入っていない卵は、まさにダイエットに最適な食品といえるでしょう!皆さんも是非朝食に卵を追加してみて下さい。

コメント

おすすめの記事