今は懐かしいファービーが魔改造されている件

ファービーは、アメリカのTiger Electronics社が1998年に発売した電子ペット。 日本でも大流行したため、昭和か平成生まれなら物置や押入れの片隅に箱にしまったファービーがある!という人も少なくないはず。

pin

今回みなさんに紹介するのは、このキモかわいいファービーを魔改造して話題を呼んでいるアメリカ・カリフォルニア州バーバンク在住の女性、デヴィン・ガードナー(24歳)の作品集です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

ファービー全盛期に幼少時代を過ごした彼女にとって、ファービーは毎日の生活に欠かせない存在でした。しかし、その人気が陰りを見せているのに危機感を抱いたデヴィンは、魔改造したファービーの写真を自分のインスタグラムへ投稿することに。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

するとデヴィンのユニークで異端なデザイン性とファービーの持つキモかわいさが絶妙にマッチし、思いの外大ヒット。結果、デヴィンのインスタアカウントは、2万人を超えるフォロワーが登録するなどアメリカを中心に話題となっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

それにしても不気味で、それでいてどこかキュートな魔改造ファービー達を見ていると、これこそが彼らの本来の姿なのではないかと思ってしまいます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

デヴィンの作品の多くは、オリジナルのファービーの本体から目とくちばしの素材を取って縫い付けたものですが、一つ一つに個性とオリジナリティーがあって、ずっと見ていてもちっとも飽きがきません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Long Furbiesさん(@long.furby.fam)がシェアした投稿 -

いかがでしたか?みなさんもこの機会に押入れの中で埃を被ったままのファービーを改造してみてはいかがでしょう。子ども時代に遊んだ記憶のあるファービーを見ていると、どこかメランコリックな気持ちになるのは筆者だけでしょうか。

コメント

おすすめの記事