印象が悪くなる身だしなみのNG10選|ヘアゴムには気をつけて!

大切な人と会う約束があったら、それが仕事でもプライベートでも前日から何を着て行こうか考えてクローゼットと鏡の前を行ったり来たり落ち着かないもの。 でもコーディネートに隅々まで気を使っても、他人がよく見ている10のポイントは案外見逃しがち。印象を台無しにしかねません。

10のよくある失敗を見てみましょう!

1. 手首のヘアゴム

普段はヘアゴムを取ったりつけたりすることも多いので、手首にヘアゴムをつけているとさっと使えて便利です。ついつい習慣で腕につけてしまいがちですが、ドレスアップをしたりフォーマルな場ではだらしない印象を与えます。

2. グッチとビニール袋

ALDI?!

どんなに高価なブランド品を身につけていても、ビニール袋で一発アウトです。買い物をしたら、大判の革製のバッグはなくても、せめて布製のバッグやバックパックで持ち運びしましょう。コンビニのビニール袋も全体を安っぽくみせてしまいます。レジ袋はもらわず、カバンに入れましょう。

3. 音がする靴 

Grace in high heels

ヒールが傷んだ靴を履いていると、ヒール音が倍増されて大きな音を立てます。せっかく素敵な服を着ていても、ヒール音が気になるような靴を履いていては台無しです。すぐに修理に出しましょう。

4. 下着露出 

df

最近では見せる下着もあるので、見せる目的で着こなしているならともかく、下着は見えないようにしましょう。この写真ほどあからさまな人はそうはいないかもしれませんが、かがんだ時にパンツが丸見えという人は男女問わず結構います。

5. シワシワ

daf

夏場、ブラウスやシャツなどの薄物をきる季節は回数が多くなりますが、面倒くくさがらずアイロンをかけましょう。ビジネスシーンではシワシワのシャツやブラウスは世界的にタブーです。

6. ハンガーループ

ドレスにもカーディガンにもスカートにも付いているハンガーループ。特に襟ぐりの大きなワンピースやシャツなどを着た時に見えるとみっともありません。衣類によっては切っても良いですが、ハンガーにかけて収納できないドレスやワンピースにはハンガーループが必要です。出かける前に隠れているかしっかり確認しましょう。

7. 型崩れ

ハンガーは丸みのあるものを使いましょう。さもないと肩がツンと飛び出てしまいます。

1

8. ペットの毛、毛玉、食べかす

Rice Planting

鏡で全身を見て、完璧と思っても最後に生地のゴミを取るのを忘れないようにしましょう。ペットの毛や毛玉、お菓子の食べかす、付いていませんか?

9. ボロボロの靴

靴の汚れは案外見落としがち。特に白やベージュなどの明るい色の靴は、頻繁にクリーニングが必要です。撥水スプレーも忘れずに。

1

10. ブラひも 

yet more BPAL Twister

見せるブラひもはいいとして、下着として隠れているべきのブラひもが見えるのはみっともないです。姿見の前に立った時は見えないからといっても、動けば見えてきますし、ずり落ちて着たら悲惨なので、ストラップレスブラに変えるなどの工夫を。

第一印象を良いものにするには、外見はとても大切です。これまで見てきた10の失敗は、どんな素敵なコーディネートも破壊する威力を持っています。気をつけたいものですね!

出典

cosmopolitanelle

コメント

おすすめの記事