卵黄で作るフェイク”からすみ”の作り方とパスタのレシピ

高級食材「カラスミ」。薄く切り分けてオードブルにするのが一般的ですが、すりおろせばパスタとの相性も抜群。旨味が凝縮したカラスミはお値段が気になりますが、今回は家庭で寝かせるだけで結構簡単に作れるフェイクからすみの作り方をご紹介します。卵黄を大量の塩と砂糖で寝かせ、乾かせば出来上がり!実際の使用例としてパスタに振りかけてみました。

材料:

  • 塩 1kg
  • 砂糖 750g
  • 卵黄 8個

ベーコン・クリームソース:

  • 植物油 適量
  • ベーコン 125g
  • 玉ねぎ・小 1個 
  • にんにく 1片
  • 生クリーム 125ml

作り方:

1. 塩と砂糖を混ぜ、3分の2を大きなトレーに入れてならします。

2. 卵黄をのせ、塩と砂糖のミックスで覆い隠します。3〜4日冷蔵します。

3. 卵黄を取り出し、水で表面を洗い流します。予熱した65 °Cのオーブンで35分乾かします。

4. フライパンに油をひいて、刻んだベーコン、玉ねぎ、にんにくを炒め、クリームを入れて熱します。茹でたパスタを入れて絡めます。皿に移したらマイクロプレインなどでフェイクからすみをすりおろして完成です。

旨味たっぷりのイタリア版カラスミの「ボッタルガ」はパスタにも使われますが、今回はベーコンとクリームでソースを作りました。卵黄に含まれる旨味成分グルタミン酸がベーコンの旨味成分イノシン酸と合わさって旨味の相乗効果が生まれます。旨味たっぷりのガッツリ系パスタを楽しんでください!

卵黄の旨味を大事に包んだおまけ映像のレシピはこちらです。

コメント

おすすめの記事