冬にぴったり!手袋したままスマホを操作するアルミホイルを利用した裏技

ヒーターの前から動きたくない季節がやって来ましたね。木枯らしが吹く中でも仕方なく外出しなければいけない時はきっと、何重も重ね着をして、手袋をはめて出かけることでしょう。 でもそんな時あなたはある重大なことに気がつきます。手袋をはめたままでは、スマホのタッチスクリーンの操作ができないということに。だからと言って寒空の下、手袋を外す勇気もなく、あなたは泣く泣くスマホをポケットにしまい込むのです。

なんて悲劇的シナリオを生まないために、ぜひ試してほしいライフハックがあります。出かける前に、指先をホイルで包んでから手袋をはめてみてください。そうすると、あら不思議!手袋をはめたままでもスマホが操作できるではありませんか!

1

実はタッチスクリーンは静電気を利用して接触を感知しています。電気を通しやすいアルミホイルを巻くことで、手袋を通してでも静電気を感知しやすくできるのです。

1

いかがでしたか?操作時だけでさえ手袋を外したくない!スマホ操作OKの手袋をわざわざ買うのももったいない!そんな寒がりさんにオススメの冬のライフハックでした。

コメント

おすすめの記事