ドライバーを使って玉ねぎに穴を開ける。30分後に起こることが信じられない。どういう仕組み?

スマホを使う時間、特にソーシャルメディアなどで多くの時間を費やしているとバッテリーの消費が気になります。 モバイルバッテリーがあれば大丈夫ですが、ない場合にはこんな方法でその場をしのぐことができます。

必要なもの:

  • 玉ねぎ
  • ドライバー
  • ボウル
  • エナジードリンク
  • 充電ケーブル

方法:

ドライバーで玉ねぎに2ヶ所穴を開けます。2つ目は1つ目と反対側に開けます。

ボウルにエナジードリンクを注ぎ、玉ねぎを入れます。最低でも玉ねぎに開けた穴がエナジードリンクに隠れるまでの量が必要です。

30分ほど玉ねぎを浸したら取り出して周りを拭きます。

充電ケーブルの電源側を玉ねぎに差し込みます。古く使わなくなったケーブルを使いましょう。

充電側の端子をスマホに差し込めば、すぐに充電が始まります。10〜15分くらいの間充電できるはずです。充電が終わったらケーブルの端子を綺麗に洗い、ショートなどの起こらないようにしましょう。

少し手間がかかりますが緊急の時には使えそうです。そうでなくても実験としてやってみると面白いかもしれません。

コメント

おすすめの記事