拡大鏡と日光の位置に注意!この2つが引き起こす「収れん火災」が怖い

火の用心。ほとんどの人が、まさか自分が出火原因になるとは思っていないかもしれません。 しかしそれは大間違い。タバコを吸わない人でも、火を使って料理をしない人でも、まったく想像もしないようなところから大火事に繋がってしまう危険性があるのです。今回紹介するのは、最近Twitterで話題になった2件の大惨事に繋がりかねない事例です。

最初に紹介するのは、Twitterユーザー巣鴨ゆう子さんのケース。投稿によると、巣鴨ゆう子さんは焦げ臭い臭いに目を覚ましたそうです。そして自分の足元を見て驚きました。なんと布団がメラメラと燃えていたのです!でも、特に火の気があったわけではないのに一体どうして?

『とりあえず片付いた…なんか焦げ臭いから「隣んちが火燃しでもしてるんかな…」と思ってたらまさかの自分の布団が燃えてた状況的に原因は鏡の反射だと思われる…部屋に鏡置いてる人、向きにはほんと気をつけて~』

信じられないようなことですが、なんと窓から差し込んだ日光が、部屋の中に置いてあった鏡に反射し、その反射した光がマットレスを熱し続けたことで発火に至ったのです!

巣鴨ゆう子さんによると、部屋に置いてあった鏡は拡大鏡だったそうです。

こういった、鏡やガラス瓶などが光を一点に集めてしまうことによって起こる火災は「収れん火災」と呼ばれており、太陽の高度が低くなる冬場に起きやすいとのこと。しかし今回のケースからも分かる通り、夏だからといって決して安心できるようなものではありません。もし室内に鏡などが置いてあるのであれば、その角度に注意してみてください。

次に紹介するのは、Twitterユーザー@Toku_Olorosoさんのケース。

『急な報告ですみません。 ちょっと昨晩家で火災があって入院しておりました。出火元はデスクトップPC(電源OFF状態)です。就寝中、目覚めたら火を噴いておりました。初期消火に成功したので大事には至りませんでしたが、一歩間違えたら死んでおりました。嘘ではないのでみんな古めのPCには気を付けて

置いてあった電源OFFのデスクトップPCが発火し、あわや大火災に繋がるところでした。パソコンからの発火事故は年々増えており、古いものであればあるほど注意が必要なようです。家に古いパソコンが眠っている場合は、リサイクルなどに出すことをオススメします。

いかがでしたか?火災は、私たちの想像もつかないところから襲ってきます。自分には関係がないと思わずに、正しい知識を持って未然に防ぎましょう。

プレビュー画像: / © Twitter/ TarakoButters

出典

プレビュー画像: / © Twitter/ TarakoButters

コメント

おすすめの記事