小さなお庭でもおしゃれにできるガーデニング裏技10選

ガーデニングは美しい花に囲まれ、小鳥のさえずりを聴きながら作業ができる、一石二鳥なホビーですよね。 ガーデニングが最も人気のある趣味のひとつに挙げられているのも頷けます。

日本全国には美しい庭園が数多く存在しますが、一般家庭の庭はというと、ほとんどが狭くて小さいものがほとんどです。でも、小さなお庭もアイデアを駆使すれば、パラダイスに変えてしまうことだってできるのです!そこで今回はみなさんに「小さなお庭を目一杯に楽しむガーデニングのアイデア10選」を紹介します。それではどうぞご覧下さい。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Mr González official (@thelondongarden) am

1.目障りなものは隠す

グリル、芝刈り機、ゴミ箱などの目障りな日用品は、パーティションや専用の収納棚などを利用して、視界に入らないようにしましょう。こうすることで庭全体の印象が良くなるはずです。

pint1

2. 吊るして収納

小さなお庭といっても、ガーデニングは色々な物が必要になります。でもホースや植木鉢などが場所を取ってしまっては本末転倒。普通なら重ねて保管する植木鉢も、こうして吊るして収納すればスペースを有効活用できます!

pint1

3. 奥域を出す

庭は植栽の配置などを利用して遠近感を強調することで、大きく見せることができます。庭に入ってすぐの所と遠い所の両方に植物を植えることで、遠近感が出て、庭がより広く感じられるのです。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von McRobs (@the_past_it_rebel) am

4. 周辺の風景に合わせる

土地が狭い?周辺にはどのような物が見えますか?庭が小さいなら、周辺の風景に視線がいくようにすれば良いのです。例えば、裏庭の緑生い茂る美しい小山だったり、隣家の立派な大木などです。他にも隣の家の生垣が高い場合は、花壇の背景として利用する方法があります。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Anthony_gardening (@anthony_gardening) am

5. 

隣の家との距離が狭く遠近感を出すのが難しい場合は、鏡の力を借りましょう。古くなった大きな鏡を庭におくだけで、視覚的な奥域が出ます。蔦などで少し隠すと、まるで魔法の国の入り口のような素敵なデコレーションになります。

pint1

6. 水の力を借りる

水は信じられないほど人を魅了します。小さくて、殺風景な感じのお庭でも、そこに「水」の存在を感じるだけで、人々は癒されるはず。写真のような水スポットを作るだけで、お庭のイメージは180度変わるはず。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Atelje fontane Bistrica (@fontane.bistrica) am

7. 垂直のスペースを利用

スペースがないのであれば、縦方向のスペースを有効に活用してみるのはどうでしょう?写真のように、縦型の菜園を作ってしまえば、スペースを有効に使えるだけでなく、見かけもとてもユニークで、訪れた人の目を引くこと間違いなしです!

pint1

8. 一点集中の効果!

お庭が小さいのであれば、個々のデザイン要素の調整がより重要になります。すべてのアイテムを均等に漫然と配置するのではなく、お庭の一点に、集中させてみるのはどうでしょうか?お庭のどこを見るべきか、フォーカスがよりハッキリし、メリハリのあるお庭の風景が出来ること請け合いです!

pint1

9. スクエアフットガーデン

都市部でも、家庭菜園はますます人気が高まっていますね。 野菜を栽培するため限られたスペースを最大限に活用する「スクエアフットガーデン」という方法もぜひ試してみてください。

スクエアフットガーデンとは、最初は少しだけ力仕事が必要ですが、一度作ったらもう耕す必要がない永久畑のことです。詳しい作り方は、こちらのウェブサイトなどを参照してみてください。

pint1

10. 曲線的に考えて!

シカクいアタマをマルくする…某学習塾の有名なキャッチフレーズですが、お庭作りの時もそれは同じ!直線的ではなく、曲線的に考えてみてください。下の画像のように、池や芝生を、曲線的に配置することによって、脳にちょっとした錯覚を起こさせることが出来るんです。形状が曲がりくねっていると、脳を刺激して、直線的な形よりも飽きないという効果が報告されているんだとか!

pint1

いかがでしたか?たとえ小さなお庭でも、工夫次第で、とっても魅力的なお庭にできるんです。ぜにシェアしてくださいね!

コメント

おすすめの記事