ちえとくをフォローする

Lifehacks

袋詰めにされた餃子の餡 でも次の瞬間見た光景に思わず膝を叩いた

ラーメン屋や専門店で食べる餃子も美味しいですが、家で作る自家製餃子もまた格別に美味しいものです。具材がたっぷり詰まった、できたて熱々の餃子を頬張る瞬間は最高。ビールにもご飯にもよく合うので家族全員で楽しめます。

でも人数がいればいるほど、必要な餃子の数は大量に。餡を作ってから、一つ一つ包んでいく作業は時間がかかり、少しでも時短できるなら時短したい、と思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に、おすすめの方法があるのです。それがこちらです!

ツイート主の柴野理奈子さん(@shibaringon)さんが餃子作りの時にふと試してみたというこの方法。餃子の餡をクリームみたいに、広げた皮に次々に絞り出していけば包む時にいちいち餡を皮に乗せる手間が省けて作業時間が短縮できるというもの。

[email protected]

あっという間に150個できてしまったそうです。しかし、150個ってすごい量ですね?

[email protected]

また、クリームの絞り出し袋でなくてもビニール袋やジップロックでもOKです。餡を作る時点でジップロックを使えば洗い物も減って便利だとか。

このアイデアに多くの人が共感。時間と手間をかけて大量に作っていたと言う方にとって、嬉しいアイデアだったようです。

また、餡を適量絞り出すことができるので、家族で「包む」作業を一緒にできるという声も。

毎日の家事や料理はなるべくなら手間を省いて簡略化していきたいものです。料理の工程を楽チンにする簡単アイデア、ぜひ試してみてくださいね。

他にも餃子の皮を使ったアイデアレシピはこちらから。

ピプレビュー画像:©︎Twitter/shibaringon