ちえとくをフォローする

Lifehacks

キャンプで使える便利技|目から鱗な飯盒の使い方

キャンプやグランピングといったアウトドアがブームの昨今、自然を楽しむのももちろんですが、外で食べるご飯も楽しみの一つです。

最近ではバーベキュー以外にもスキレットやメスティンといったキャンプ飯が楽しめる便利な調理グッズもたくさんありますが、キャンプで白米を準備するといえば昔から飯盒が定番です。

でも、飯盒炊爨ってご飯が焦げ付いたりして、うまく炊くのが難しいイメージがあるという人もたくさんいるのではないでしょうか。また、焦げついてしまうと、飯盒のお手入れが大変というのもあります。

そんな時に、おすすめなのがこちらの方法です!

なんと、飯盒の中に入っているのはレトルトのご飯パック!しかもご飯パックのサイズが飯盒の幅にいい具合にピッタリと合っています。

この裏ワザを紹介したのは、(・∀・)スンスンスーン♪💉💉💉さん(@katosun_pom)。上手に温めるコツは、一度上下反転させてパック全体をお湯に浸すようにするといいそうです。

この方法には、他ユーザーからも「賢い」「その発想はなかった」「一緒にレトルトカレーも温められる」などといった反響が多数寄せられました。

ご飯を炊く道具である飯盒、そのためつい飯盒炊爨での用途ばかり考えてしまいますが、その形や素材から、飯盒は万能に使えるようで、ネットでも様々な使い方が報告されています。

キャンプの定番グッズである飯盒。自宅の倉庫に眠っているという人も多いのではないでしょうか。この夏のキャンプやバーベキューで活躍するかもしれませんね。

キャンプに関する記事は以下からもご覧いただけます。

プレビュー画像:©︎Pinterest/chuzai-blog.com
出典:©︎[email protected]_pom