飼い犬や飼い猫が壁に頭を擦り付けていたら要注意!命に関わる重大な病気かもしれない。

近年、SNSで話題の「ごめん寝」。猫ちゃんが、あたかも土下座をしているような格好で寝入ってしまった様子を意味する言葉で、そのあまりの可愛さに飼い主たちの心を溶かしています。 しかし、犬や猫がこのように頭を床や壁にくっつけていたりする行為は一見微笑ましいものですが、その裏に一刻を争う事態が潜んでいることもあるので注意が必要です。

1

オランダの動物愛護団体はSNSで「犬もしくは猫が頭を壁につけたらすぐに病院へ連れて行ってあげて!」と警告しています。動物が壁に頭を押し付ける行動は「ヘッド・プレッシング」と呼ばれ、脳に何らかのウイルスが感染していたり中で損傷を起こしている可能性があると言うのです。

1

また、先天的な理由だけでなく、けがなどで犬の前脳が損傷した場合に発症するケースも多くあるそうです。愛犬や愛猫が壁に頭を押し付けていた場合は、信頼できる獣医師のもとへ連れて行ってあげることが重要です。

1

また、ヘッドプレッシングだけでなく、同じ場所を行ったりきたりする、円を描くように歩く、部屋の隅にいることが多かったり、壁を見つめていたりするなどの奇妙な行動が目立つ場合も同様に、注意が必要です。そのケースでもやはり、獣医の診断を受けた方が良いでしょう。

1

いかがでしたか?私たちが「可愛い」「楽しそう」と思っていたポーズや行動が、実はワンちゃん猫ちゃんの運命を左右する重大なサインである可能性があるのです。ぜひシェアして、広めてくださいね!

プレビュー画像:©︎Pinterest/i-heart-pets.com, ©️Pinterest/purrfectlove.net

出典

プレビュー画像:©︎Pinterest/i-heart-pets.com, ©️Pinterest/purrfectlove.net

コメント

おすすめの記事