生きるのがしんどくなったときに読みたい8つの名言

人生、毎日が楽しいことばかりではありませんよね。でも職場や学校、就職活動などでツライ思いをして落ち込んでいるとき、「言葉の処方箋」は私たちに力をくれます。 古くから日本では言葉に霊的な力が宿るとされる「言霊」があると信じられてきましたが、確かに言葉には人の心を元気付ける魔法のような力があるのです。

今回皆さんに紹介する「8つの元気になれる名言」を読めば、きっと明日1日を生きる勇気が湧いてくるはず。それでは、どうぞご覧下さい。

1. のび太

pin

「いちばんいけないのは、自分なんかダメだと思いこむことだよ」 

いつもドラえもんに助けてもらってばかりのイメージが強いのび太。でも、のび太がドラえもんを励ましたことだって、もちろんあります。片思いのニャンコと友達になりたいのに、照れて弱気のドラえもん。そんなドラえもんにのび太が告げた言葉がこれです。「もっと自分に自信を持って!」そんなのび太の声が聞こえてくるような気がします。

2.トーマス・エジソン

pin

「私は失敗したことがない。ただ1万通りの「うまく行かない方法」を見つけただけだ」

電球を発明するために気の遠くなるような時間を費やした発明家トーマス・エジソン。その言葉からは「失敗はあくまでも成功への過程」という彼の信条が垣間見得ます。そう、失敗は失敗ではなく、成功に一歩近づいた証なのです。

3. 叶恭子

pin

「何をしてもうまくいかず、気持ちがふさぐ日。そのような日こそ、ただシンプルに最善をつくして過ごすこと」

その言葉に「意外にもめちゃくちゃ励まされる」と隠れファンも多い叶姉妹・姉、恭子。誰でも一度は経験があるだろう「何をしてもうまくいかない日」に彼女が勧めるのはベストを尽くしてその日を過ごすこと。出来る限りのことはやった!と思えるなら、それ以上頑張らなくてもいいんです。あまり色々深く考え過ぎず、ただシンプルに“1日が終わるのを待てばよいのです。

4. スナフキン

pin

「嵐の中にボートを出すばかりが勇気じゃないんだよ」

ムーミン谷の旅人スナフキンはムーミントロールの良き友達。優しいけど、でも他人には決して媚びない、その凜とした姿に魅了されるファンも少なくありません。現代人は何事も「まず~しなきゃ」と生きることに焦りがちですが、スナフキンのこの言葉は「無理に頑張らなくてもいいんだよ」と私たちに休むことの大切さを教えてくれます。

5. アルベルト・アインシュタイン

pin

「どうして自分を責めるんですか? 他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか」

ドイツ生まれのユダヤ系理論物理学者アルベルト・アインシュタイン。彼は独りで悩みを抱え、うしろめたさから行動を起こすことができずにいる多くの人に向けてこの言葉を贈っています。悩むことも時に大切ですが、でも限られた時間を生きる私たちに自分を責めている暇はありません。その時が来れば他人が責めてくれるのですから、自責の念に駆られる必要などないのです。

6. スヌーピー

pin

「上を見続ける…それが生きるコツさ…」

長い耳がキュートで世界中のファンから愛されるスヌーピー。でもその外見とは裏腹に哲学的でちょっとウィットに富んだ発言をすることでも知られています。そんなスヌーピーの数多い名言の中でも私たち日本人が一番耳を傾けなければいけないのがこの言葉。坂本九の楽曲にもありますが、辛くても諦めずに上を向いて歩き続けることの大切さを改めて感じます。

7. ガンダルフ

pin

「つらい目に遭うと皆『なぜ自分ばかり?』と思うが、どうにもならん。それより自分が何をすべきか考えることだ」

これは映画『ロードオブザリング』で主役のフロドが呪われた指輪を返還する旅の途中で「なぜ自分がこんなことをしなければいけないのか?なぜ自分だけがこんな目に?」と諦めかけていた時に、魔法使いガンダルフが放った言葉。ツライことがあると、「どうして自分ばかり」と運命を呪ってしまうのは人の性。でも、ツライことがある度に思い悩んでいても前へは進めません。なぜ?どうして?と自問せず、まずは状況を肯定して、どう切り抜けるか考えることで前に進めるのです。

8. 福沢諭吉

pin

「人生は芝居のごとし、上手な役者が乞食になることもあれば、大根役者が殿様になることもある。とかく、あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし」

幕末・明治を代表する啓蒙思想家・福沢諭吉。理不尽なことが起こることもあるけど、それも人生。今、自分ができることを一生懸命やれば、自然と道は開けてくるものです。あまり深く考え過ぎず「目の前のことに集中して生きる」ことの大切さを彼の言葉は教えてくれます。

いかがでしたか?人生につまづいたり、落ち込んで暗い気持ちになったとき、もう一度この記事を覗いてみて下さい。きっとこの8つの言葉たちが、再びあなたの心を癒してくれるはずです。

コメント

おすすめの記事