祖母が孫に伝えた「人を愛する方法」にハッとさせられる

親や子供、そして恋人など、かけがえのない大切な人たちに対し、みなさんは普段からどのように接していますか?

Hands

会う人誰とでも仲良くなっちゃうスーパー元気おばあちゃんを祖母に持つてーるーさん(@teruterulight)がおばあさんから教えてもらったという「人の愛し方」をTwitterに投稿、大きな反響が寄せられています。

孫のてーるーさんが「祖母の事を嫌いな人は見た事がない」という彼女が教えてくれたのは、「人をただ愛するんじゃなくて、相手が愛されてるとわかる方法で愛しなさい」ということ。

Love

人を愛すると聞くと、どれだけ深くその人を愛せるか、とつい自分から相手への気持ちばかりを考えてしまいがち。愛という言葉の大きさゆえに、相手が愛をどう受けとっているか、と考える余裕もなくなってしまうことも。

このてーるーさんのおばあさんの言葉に、多くの人から「ハッとさせられた」「素晴らしい」と言った共感の声が寄せられています。

また、てーるーさんが母親やおばあさんから受け取っていたという言葉も紹介されています。

日本には、「目は口ほどに物を言う」「言わぬが花」「言うだけ野暮」などという言葉があるように、敢えて言葉にしない文化があります。わざわざ口にしない、という日本の美しい一面でもありますが、ポジティブな言葉は人の心と体を元気するパワーを持っています。大切な人には気持ちをしっかり伝えていきたいですね。

また言葉の持つパワーがわかる実験の記事もぜひご覧ください。

プレビュー画像:©︎flickr/Dawn Camp

コメント

おすすめの記事