Connect with us

Lifehacks

普段よく使うアレを使うだけ|ひっつき虫が簡単に取れる

夏が終わり秋になると、犬の散歩の後や、学校から帰った子供の服や靴にくっついてくるひっつき虫をよく見るようになります。

子供からしたら、友達とひっつき虫を付け合って遊んだり、服にくっつけて遊んだりと何かと楽しいイメージですが、大人からしたら洗濯するのに一つ一つ取り除かなくてならず、厄介ですよね。また靴紐につくと、取りづらさも倍増。なるべくなら、ひっつき虫は避けたいものです。

そんな厄介なひっつき虫ですが、あるものを使うと簡単に取れてしまうというのです。

こちらの動画をご覧ください!

Twitterユーザーのかれっくすさん(@Carex_minima)が「コロナ禍ライフハック」として紹介したこちらの方法では、ひっつき虫を綺麗に取り除く方法として「不織布マスク」が利用されています。

ひっつき虫がついている箇所に不織布マスクを擦り当てます。

[email protected]_minima

擦り当てた後はひっつき虫は不織布マスクにくっついています。

[email protected]_minima

不織布マスクは、繊維や糸を絡み合わせた薄いシート状の布を使ったマスクで、表面は無数の繊維が折り重なったようになっています。このように繊維で作られているため、ひっつき虫を取る時に使うことで、ひっつき虫たちを繊維に絡めて綺麗に取り除くことができます。

なお、かれっくすさん曰く、こちらの方法はオナモミやセンダングサにはあまり効果がなく、今回紹介したアレチヌスビトハギに特に有効なのだそうです。

アレチヌスビトハギは、一度に大量に衣類についてしまい取り除くのが大変です。この秋は、不織布マスクが意外なところで役立ちそうですね。

また、以前紹介したウェットティッシュを使った方法も併せてぜひご覧下さい。

プレビュー画像:©︎Twitter/Carex_minima