ハイパーリアリズム超リアルで写真見たいな油絵に目を見張る。

どこか虚ろな表情で「カメラ」を見つめる少女。Twitterに投稿されたこの画像が、ネット上で話題になっています。

Twitter/mienokei

この少女は芸能人でも、有名人でもありません。では一体どうしてこの画像は反響を呼んでいるのでしょうか?それはキュッと口を閉じたこの少女に隠された「ある秘密」が原因でした。

なんと…

この画像は、油絵なのです。この絵を書いたのは画家の三重野 慶さん(@mienokei)。一枚の絵を書くのに月単位の時間を費やし、作品によっては1年半もの時間をかけて描くこともあるそうです。髪の毛だけ1週間ひたすら描き続けることもあるなど、気の遠くなるような作業です。

Twitter/mienokei

三重野さんが描こうとしているのは「目にしたままの姿」。人がモノを見た時に感じる、言葉にならないもの全てをそのまま絵にしたいそうです。

Twitter/mienokei

Twitter/mienokei

Twitter/mienokei

三重野さんの描く絵は「スーパーリアリズム(超写実主義)」と呼ばれる美術の潮流から影響を受けており、髪の毛やまつ毛の一本一本に至るまで細かく写実的に描かれています。本当にリアル過ぎて、今にも絵の中から少女が飛び出してきそうですね。

Twitter/mienokei

Twitter/mienokei

Twitter/mienokei

Twitter/mienokei

この三重野さんの投稿には「絵とは思えないなぁ」、「写真よりずっと繊細に切り取られている、美しい」といったコメントが多数寄せられています。

今後の活躍に期待しています!

コメント

おすすめの記事