21の節約アイデア。これで食材を無駄捨てないようになる!

特に欧米では1週間分の食材をまとめて買うことが良くあります。そのため食材を長持ちさせるための保存方法が、生活の知恵として広まっています。 中には参考できるものもきっとあるはず!

1. 玉ねぎ

ストッキングに結び目を作ってぶら下げておけば、空気に触れて押しつぶされることもないので8ヶ月も持ちます。

1

2. ジャガイモ、玉ねぎ、りんご

これらは別々に収納するべきです。一緒に置いておくと、どんどん悪くなっていきます。ジャガイモは冷暗所に保存しておけば、雑菌の繁殖や毒性物質のソラニンの生成を防げます。

1

3. いちご類

いちごなどを買って家に帰ってきたら、ボールに水とお酢(10:1の割合)を入れ5分間浸しておきましょう。その後水をしっかり切っておけば、表面の雑菌を殺すことができるので長持ちします。

1

4. はちみつ

密封されたガラスの容器に入っているものであれば、冷暗所に置いておくことによって、とても長持ちします。はちみつは食物の中でも最も長持ちする物の一つです。

1

5. 牛乳

冷凍してしまえば3ヶ月も持ちます。少し濃度が変わってしまいますが、問題なく飲めます。

1

6. 卵

卵も殻を割って塩か砂糖を白身に少々加えて凍らせれば、問題なく使用できます。製氷皿で凍らせれば、使用時も楽です。

1

7. トマトソース

多く作りすぎて残ったトマトソースを、フリーザーバッグに入れておけば、もちろん長持ちします。冷凍庫に入れて1時間くらい経った後にナイフの背などで1人前毎に分けておけば、使う際にも便利です。

1

8. ハーブ

もしフレッシュなハーブを手に入れて、使いきれない場合はオリーブオイルに入れて冷凍すれば、風味を損なわずに長期間保存可能です。

1

9. バナナ

バナナの柄をラップで巻いておけば熟れる速度が遅くなります。

1

10. セロリ、ブロッコリー、レタス

これらの野菜はアルミホイルで包んでおけば新鮮さが長持ちします。

1

11. サラダ用葉野菜

サラダ用のカット野菜は、葉っぱの薄いものは特に傷みやすいもの。でも一度に使いきれなかったら、ビニール袋にいれて、呼気を吹き込みます。袋の口を結び、冷蔵庫へ。こうすれば数日は日もちします。

1

12. レタス

ペーパータオルで包んでおけば、適度な湿気が保たれて長持ちします。

1

13. りんご

冷蔵庫の中に入れておけば6ヶ月間も持ちます。ただ一つでも悪くなりだしたら、その一つを捨ててください。取り出さないと周りのりんごも影響を受けてしまいます。

1

14. にんじん

砂の中に入れて暗い所にしまっておくと長持ちします。

1

15. 挽き肉

トマトソースと同じ方法で保存できます。もちろん使う分だけ取り出して解凍してください。

1

16. プラスチック容器入りのチーズ

逆さにしておけば通常の2倍も長持ちします。

17. ガラス容器

タッパーウエアなどのプラスチック容器より、ガラス製の容器の方が長持ちします。

1

18. チーズ

油の染み込まない紙で包んでおけば、長持ちするだけでなく、表面が水っぽくなるのを防ぎ、風味を損ないません。

1

19. パイナップル

切る前のパイナップルは室温で2〜3日保存できます。この際頭を下にしておくと、早く均等に熟します。切ったパイナップルは冷蔵庫へ。

1

20. 長ねぎ

根の部分を下にして水に入れて保存しておけば、新鮮さを保てます。上手くすれば新しいねぎも育てることができます。

1

21. ケーキ

ケーキの切り口を食パンで守ってあげましょう。周りの空気が乾いていても、ケーキがカサカサになるのを防ぎます。

1

ウンウンとうなずけるものから、真似できないものもあったかと思います。バナナの裏技はおすすめです!

コメント

おすすめの記事