ちえとくをフォローする

キッチン

IHを使っている人は体重をかけないように気をつけて

IHクッキングヒーターって、火を使わなくて済むので安全で、とっても便利ですよね。統計によると、今や実に5人に1人がこのタイプのコンロを使っていると言われています。

火を使わないために安全性が高いという他に、表面がツルッと平たいために、掃除も簡単!布巾で一拭きするだけで、サッと汚れが落とせるという、メリットだらけのように見えるIHクッキングヒーター。

しかし…必ずしも便利な面ばかりではないようです。

Twitterで、思わず「やっちゃった!」と言いたくなるような住宅トラブルを紹介している、お願い?かわちゃん@コンロ職人さん(@kawaken1985)は、IHクッキングヒーターを扱う上で心にとめておいてほしいことを呟いたところ、2万近いいいね!が集まるなど、大きな共感を呼んでいます。

実際にそのツイートをご覧ください!

これはマジな話「押すな。」12月と言えば”IH”や”ガラスコンロ”のヒビ割れ祭。”毎年3件”くらいレンジフードを掃除する時にうっかり踏んで割れるあるある。大丈夫あなたは不思議な力に目覚めてない。ガラスはシンプルに圧力に弱いです。今から”厳しい現実”を言う【修理費6万円】するから絶対「押すな。」

無惨にもひび割れてしまったIHクッキングヒーターの画像とともに注意喚起するツイ主さん。そう、このように下に土台があるから忘れてしまいそうになりますが、ガラスはシンプルに圧力に弱いのです。

設備屋であるツイ主さんによると、師走の大掃除のシーズンは、ひび割れたIHクッキングヒーターやガラスコンロに大量に遭遇するそうです。

その中でも特に多いのが、「レンジフードを掃除する時にうっかり踏んで割れる」パターン。Twitter上でも、実際にIHクッキングヒーターの表面を割ってしまったという人が大勢コメントを寄せています。

そもそもIHが割れるというイメージを持っていない人も多いようです。しかしかわちゃんさん曰く、片足で体重の半分でもかけてしまったらもうアウトだそうです。

一度このような状態になってしまったら、直すのは至難の業。修理費用は高額で、4〜6万円はゆうに持っていかれてしまうため、結局新しく買い換えた方が安かったなんて話もザラです。

IHはハイテクで、メリットだらけだと思っている人もいるかもしれませんが、このようなデメリットもあるということを理解しておくことは事故を未然に防ぐためにもとても重要なのではないでしょうか。

そろそろ大掃除に取り掛かろうなんて思っている人も多いであろうこの季節。IHを使っている方は、くれぐれも体重をかけないように注意してください。せっかくの年末年始が、修理で終わってしまわないように…?

プレビュー画像:  / © Twitter/kawaken1985