飼いたい動物で性格がわかる!?

猫を家に入れるなんて絶対いや!という人が、犬と同じベッドで寝ている、なんてこと現実にはよくありますよね。 ネズミをこよなく愛する人もいれば、ペットの餌としてネズミをあげている人もいます。これって単なる好みの違いなのでしょうか?どうもそうではないようです。ウィーン大学、メルボルン大学、バークレー大学など多くの大学の研究で、好きな動物とその人の性格や個性には関連があるという結果がでています。

研究によると、人は自分と似ている、あるいは自分の価値観にあう動物に魅力を感じるようです。もちろん人の個性はそれぞれ。一概には言えませんが、傾向として、ある動物を好きな人には似た性格の人が多いというのは確かなようです。あなたはどんな動物を飼いたいですか?

imgur/ThatIsTerrific

1. 猫

「犬の飼い主はご主人様、 猫の飼い主は下僕」などと冗談で言ったりしますが、猫の飼い主の多くは、猫のような独立心の強さと頑固さを好ましく思っています。なぜなら、彼ら自身が他人の意見に左右されず、好きなことを追求する頑固さを持っているから。

猫好きさんは、規範に疑問を持ち、正直に生きることを重視し、クリエイティブで想像力に富むアーティストタイプが多いようです。同時に、怖がりで、不安が大きいのも特徴。なので、表面上の付き合いや、雑談で盛り上がるパーティーよりも、猫が人に寄り添うように心からの信頼でつながっているような居心地の良い関係を大切にします。

pint1

2. 爬虫類

ヘビやイグアナ、トカゲなど爬虫類を飼っている人は個性的で、新しいことに夢中になりがち。オタク気質で、誰とでもうまくやっていくことはできないけれど、彼らはそれを気にしていません。サブカルチャー好きなので、ネット上のフォーラムなどで知り合った同じ趣味や考えの人たちと意見を交換することを好みます。独創的な発想ができる頭のいい人が多いのが特徴です。

pint1

3. 魚

家に熱帯魚などの水槽のある人は見た目や装飾にこだわるタイプ。そして魚が放つ静けさが大好きです。長時間仕事に没頭しがちで、仕事のストレスを家で魚を見ながら静かに過ごすことで癒したいと思っています。

魚を飼っている人は忍耐強く、内向的ですが、一方で向上心が高く、認められたいとも思っています。水槽を美しくすることに専念するように、日々の生活の中でも、時には神経質なほどに細部にまで目を配ります。

pint1

4. 馬

女性の愛馬家にとっては、馬に乗ることよりも、賢く繊細なこの動物との関係の方がはるかに重要です。馬は強く優しい味方であり、同時に、大型動物を扱うことは責任感や自信につながります。馬はまさにパートナーなのです。おそらく家にいる人間のパートナーは2番目の地位に甘んじなければいけないでしょう。

男性の愛馬家は自信と強い気性、そして向上心のある人。彼らにとって馬はしばしば社会的地位を示す贅沢の証です。

imgur/DagObah

5. 純血種の犬

血統書付きの犬の飼い主は、自分の犬がどんな特性をもっているかをあらかじめ知っていたいと思っており、安定と安心を重視するタイプ。同時に、彼らはとても社交的で、状況に適応する方法を知っており、グループ内では助けになるタイプ。

血統書付きの犬を愛する人たちは、固定されたヒエラルキーを好みます。彼らにとって、上位のグループメンバーやルールに従うことは自然なことです。

もちろん、犬種によって大きな違いがあります。大型犬には自信があり、穏やかな飼い主が多く、小型犬には個性的な飼い主が多いようです。

pint1

6. ミックスの犬

さまざまな外見のミックスの犬を好む人は順応性があり、フレンドリーで社交的です。彼らにとって犬は忠実な友人で、動物保護施設から犬を養子に引取る人の多くがミックス派です。情に厚く、面倒見がよく、競争を好まず、冷酷な世界を嫌います。

imgur

7. 小動物

ウサギ、ハムスター、チンチラなどの小動物は強い防御本能を示します。小動物の飼い主は愛情深く繊細な性格が特徴。冒険をしなくても幸せにやっていけるタイプです。

pint1

8. 鳥

鳥は非常に知的で好奇心の強い動物ですが、あまり寄り添うことはできません。これは鳥好きの人にも言えることです。鳥好きさんは開放的で、探求心に富み、外向的です。個性的で目立つ人が多く、カリスマ性があるため、時には他人を怖がらせることもあります。鳥の飼い主をよく知る人は誰でも、その前向きな人生観にひかれます。

imgur

9. 犬と猫とネズミと…

色々なペットを飼っている?心配しないで大丈夫です。あなたは多重人格ではありません。あなたはただ動物が好きなんです。あなたは共感力が高く、優しいので、いろいろな動物に合わせて自分自身を適応させることができるオープンな人なのでしょう!

imgur/seir

ペットも人もそれぞれ違います。でも、よく見ると、確かに特定の動物に対する好みはその人の個性をほんのり映し出しているのかもしれませんね。

出典

spektrum,

elle

コメント

おすすめの記事