ネイリストが客の爪に皮膚ガンを発見|爪に現れる悪性黒色腫(メラノーマ)の症状

ネイリストのジーン・スキナーは最近彼女のサロンを訪れたお客のことをFacebookで綴っています。 このお客の爪を目にしたジーンは、心配になってすぐに医療機関に行くように告げたそうです。実は、この時のジーンの忠告がこのお客の命を救ったのです。彼女はこう記しています。

「数週間前ふらっと立ち寄ってくださったお客様がいました。ネイルが大好きで何年もネイルサロンに通っているようなタイプの方です。爪にはまっすぐ垂直に黒い線が入っていました。

席に座るとすぐに、この黒い線が見えなくなるように濃い色を塗って欲しいと言います。ネイルサロンによって『診断』はまちまちで、カルシウムが足りないという人もいれば、遺伝的なものだという人もいます。血豆だと言った人もいたそうです。

これは黒色腫(メラノーマ)です!お客様を怖がらせたくなかったですが、すぐに病院に行くように伝えました」

pin

「今日、このお客様から電話があって、やはりあれは黒色腫でそれも非常に進行の早いタイプで、すでにリンパ節まで広がっていたそうです。爪に異常があったら注意してください!

ほとんどの場合、爪に異常があっても心配することはありません。でも深刻な病気を示している時もあるのです。そして高齢の方や、物理的に注意を払えない人たちの爪の基礎部分にも目をかけてあげてください!早い段階でわかればその後も全然違うのですから!」

この記事を読んでとっさに爪をチェックした人もいるのではないでしょうか。写真のような黒い線があったら、すぐに医師に相談に行ってください。

コメント

おすすめの記事