重曹と精油で作る環境に優しいエコデオドラント

なにをしていても汗ばむこの季節、汗のニオイが気になりますよね。そんな日はデオドラント剤(制汗剤)が欠かせませんが、ロールタイプやシートタイプの制汗剤や制汗シートはプラスチック容器やパッケージに入っているものがほとんど…。

pin

しかし近年、生分解が困難とされるプラスチックゴミによる海洋汚染が深刻化しており、微細化したマイクロプラスチックが北極の氷の中(!)でも見つかっているなど、環境や人体への悪影響が懸念されています。

そこで今回はみなさんに、重曹と精油をつかったプラスチックゼロで環境に優しい「エコ・デオドラント剤」の作り方を紹介します!それではどうぞご覧下さい。

pin

材料:

・コーンスターチ 大さじ4
・重曹(炭酸水素ナトリウム) 小さじ2
・精油(エッセンシャルオイル) 5〜6滴

pin

作り方:

・ボウルなどの容器に重曹とコーンスターチを入れ、よく混ぜ合わせます
・お好みの精油を5〜6滴垂らして、もう一度よくかき混ぜます
・茶こしでふるいにかけ、容器に移せば完成です!

pin

使い方は簡単で、お出かけ前やニオイが気になる時などに少量をパフにとって、撫でるように肌になじませて下さい。

pin

なぜお掃除などに使われる重曹を使うのかというと、重曹にはニオイの元となる雑菌の活動を抑える効果があるためです。お菓子作りなどにも使用される重曹なら体への悪影響も心配ありませんし、安く手に入るためエコ・デオドラントの材料に最適です。

pin

いかがでしたか?これでもう、プラスチックが使われている市販のデオドラントスプレーを買わずに済みますね!生活のあらゆる場面で環境への配慮が必要となっていくこれからの時代、まずはエコ・デオドラント剤からはじめてみませんか?

コメント

おすすめの記事