玉ねぎにひき肉を詰めるケバブレシピ

トルコ料理のケバブは日本でも人気がありますが、今回は玉ねぎにひき肉を詰めるソアンケバブのレシピです。ただしこのレシピではドネルケバブのような形を模してみました。串刺しにして1本にまとめ、オーブンで焼きます。本場ではラム肉がよく使われますが、牛肉や豚肉、もしくは合挽きなどのお好みのひき肉でお試しください。

材料:

ひき肉ミックス:

  • ひき肉 400g
  • 卵 1個
  • 食パン 2枚 白い部分のみ
  • 玉ねぎ 1個 小
  • にんにく 1片
  • パセリ ひとつかみ
  • パプリカソース 大さじ1
  • パプリカ 1個 黄
  • こしょう

その他:

  • 玉ねぎ 1個 大
  • 串 1本 オーブンのラックの幅
  • コップ
  • 米 串の固定用

作り方:

1. まず初めに玉ねぎ、にんにく、パプリカ、パセリを細かく刻みます。

2. 刻んだものをボウルに入れ、卵、細かく千切った食パン(できれば水に浸けてふやかしておく)、パプリカソース、塩こしょうを加えてよく混ぜます。

3. 玉ねぎの皮を剥き、半分に切って1枚ずつに分けます。

4. コップに米などを入れ、串を立てて固定します。一番大きい玉ねぎ1枚を、上に開くように突き刺し、ひき肉ミックスを詰めます。

5. 同じように玉ねぎとひき肉ミックスの層を、だんだん小さくなるように串の真ん中まで重ねます。

6. 逆にひき肉ミックス、玉ねぎの順にだんだん大きくなるように重ねていきます。残りのひき肉ミックスで真ん中の部分を包みます。

7. 予熱した175 °Cのオーブン(対流式の場合)で25分焼きます。

通常のケバブのようにレタス、キャベツ、赤キャベツ、トマト、きゅうりを添えて、ガーリックソースなどをかけて召し上がってください。本場の風味を増したい場合にはクミンを少し加えてみてください。独特な香りが漂います。

コメント

おすすめの記事