ペロンと取れる|角煮や茹で豚から出る余分な脂を簡単に取る方法

休日や週末の前など、時間がある時に、手間ひまかけてじっくりと煮込んで作りたいのが豚の角煮。


キッチンで使える便利な裏ワザ動画はこちらから!(記事の続きはスクロールしてご覧ください)

 


余分な脂を抜いて、じっくりコトコト煮込んだ角煮はホロホロと柔らかく、食べた時にジュワッとその旨味が口の中で広がって美味しいですよね。

でも、下茹でして粗熱を取ってから脂を取り除く時や、煮込んで一晩寝かせた後、表面にびっしりと脂が浮き上がった時、どうやって取り除いていますか?お箸やスプーンですくって丁寧に取ることもできますが、時間もかかるし、冬場ならいいですが、暖かい季節はみるみるうちに脂が溶けていってしまいます。

そんな時におすすめの方法が、ラップを使った方法。

お鍋の脂が浮き上がった面をラップで落とし蓋をするようにぴったりとくっつけます。

[email protected]

そのラップをめくって取れば、脂がラップにぴったり張り付いて一気に余分な脂を取り除くことができるのです。これは、ラップには脂を吸着する性質があるため。

[email protected]

この方法を使えば、角煮と一緒に煮込んだ卵や大根についた脂もスッキリ取れるので脂っぽさをなくすことができますね。

余分な脂を落とす事は、角煮を美味しく仕上げるポイントにもなるので、次回角煮をする時はぜひ試してみてください。

プレビュー画像:©︎Pinterest/macaroni

出典

livedoornews, プレビュー画像:©︎Pinterest/macaroni

コメント

おすすめの記事