コンパクトに収納できる|紙袋の折りたたみ方

頑丈で見栄えもすることから捨てずに保管したり、何かの際に利用したり、と再利用率が高く何かと便利な衣料品店や雑貨店の紙袋。 レジ袋が有料となり一部小売店で、今までビニール袋だったものが、紙袋へと切り替わったことで、ますます自宅に紙袋が増えたという人も多いのではないでしょうか。

pin

紙袋は数枚ならたたんでクローゼットや押し入れにしまっておけばいいですが、枚数が増えると保管も場所をとってしまいます。また大きさもバラバラ、持ち手やマチ付きのため、まとめておいた場所で溢れていたり、引っ張り出したら持ち手や底部分の角にひっかかり全ての紙袋をぶちまけた、なんてこともありますよね。

pin

そこで今回は、紙袋をコンパクトにまとめる方法を紹介いたします。この方法ならヒモや底の部分の角にひっかかって出しにくいというストレスもなく紙袋がスッキリとまとまってくれます。

pin

<収納に便利な紙袋の折りたたみ方>

持ち手を紙袋の中に折り込んでおきます。紐タイプのものは紐を中に引き入れます。次に、紙袋の底のマチ部分の折り目に、紙袋の上部、口の部分を合わせるように折ります。マチの部分を口の部分にしまい込んで完成です。

pin

こうすればコンパクトにまとまり収納が楽ちんに。大きさもわかりやすくなり、紐が出ていないので取り出すときも簡単です。小さな紙袋は場所をとりませんが、大きな紙袋は場所を取りるのでこの方法が特に便利です。紙袋収納に便利なたたみ方法、ぜひ試してみてくださいね。

プレビュー画像:©︎Pinterest/みち

コメント

おすすめの記事