1年中楽しめる!木の枝を使ったDIYインテリアの12のアイデア

お部屋に自然素材を取り入れると、それだけでリラックス空間が生まれます。でも観葉植物はお手入れが大変。コストもバカになりません。そんなときは、拾った枝や流木を使って、一年中楽しめるナチュラルインテリアを手作りしてみませんか?

どの枝をどう使うかはあなた次第。柳の枝やツタなど柔らかいものをリースにしたり、大ぶりの木の枝を自然の造形を活かして大胆に飾るだけでもおしゃれです。

この記事では、そんな魅力いっぱいの木の枝や流木のDIYインテリアの12のアイデアをご紹介します。

1. 光るウォールデコレーション

壁に飾るなら枝ぶりのよい大きめの枝や流木がオススメ。拾った枝はお湯でこすり洗いしておきましょう。LEDの電飾を背面に取り付けて、壁に飾れば、アート作品のような存在感たっぷりのウォールデコレーションになります。

2.  枝でできた小さな家

小さな枝でもかわいいインテリアが作れます。枝を適当な大きさにカットして、色をつけ、グルーガンで接着するだけ。

3.  ドアリース

リースはクリスマスの定番ですが、季節ごとに飾りを変えて楽しむことができます。リース土台にミモザをかざったり、ローズマリーなどのハーブを飾るのも素敵です。写真のように色のついた刺しゅう糸で包むだけでも優しい雰囲気を楽しめます。

4.  カラフルな木のデコレーション

木の枝と色紙で自分だけの木を作ってみませんか?色紙を葉の形にカットして、枝に針金や接着剤で貼りつけます。大きな花瓶に挿せば、お部屋が華やぎます。

5. ハート型の壁飾り

この美しい壁飾りは、リビングやベッドルームの雰囲気づくりにぴったり。大きな枝が1本、小ぶりの枝がたくさん必要です。結ぶときにに位置がずれないように枝にしっかりとめ、ハートの形が崩れないようにするのがポイント。

6. 子ども用テント

カラフルなテントは子ども部屋だけでなく、リビングのおしゃれなインテリアにもなります。必要なのは、頑丈な大ぶりの枝8〜10本ほど。糸を巻いたり、ペンキを塗ったしたら、テントの形にして上方でしっかり結びましょう。隠れ家風にしたければ、布で覆うこともできます。

7. 部屋でお花見

春は部屋の中にも桜の枝を飾りたいですよね。でも、大ぶりの桜の枝は高価です。ピンクと白の小さなペーパーフラワーを大ぶりの木の枝にグルーガンで貼り付けて、桜を自作してみてはいかがでしょうか。お部屋で長くお花見を楽しめます。

8. コートフック

枝からフックを作るのはとても簡単。適当な形、大きさの枝を見つけることが一番のポイントです。あとはネジや釘で壁に固定するだけ。ナチュラルで優しい雰囲気に癒されます。

9.  つた細工

ツタを手に入れることができれば、素敵な飾りを簡単に作れます。ハート型に成形してドアや窓に掛けると、温かい雰囲気です。もちろん、ナチュラルな形に整えて無造作に飾るだけでもおしゃれです。

10. テーブルランナー

枝でテーブルランナーも簡単に作れます。枝の長さを切りそろえて、糸で編むように止めるか、グルーガンで布に接着します。ナチュラルな雰囲気で、テーブルデコレーションのアクセントとなること間違いなし!

太めの枝を短く切って、並べて接着したテーブルランナーも素敵です。

11.  ポンポン付きの枝のデコレーション

枝にカラフルなポンポンを飾るのもオススメです。森を散歩して、好みの大きさの美しい枝を見つけたら、グルーガンでポンポンを枝に付けていくだけ。目をひくかわいいインテリアになります。

12.  もっとポップに!カラフルに!

もっとカラフルでポップなインテリアがお好みですか?木の枝にスプレーしたり、ペイントしたり、マスキングテープを貼ったり、毛糸や刺繍糸、ビーズやリボンで飾ったり・・・想像力を働かせて、自分の好みに合うようにデザインしてみましょう。

どの枝を使ったとしても、それは世界にひとつだけ、自分だけのインテリアです。自然が作り出した芸術をぜひお部屋に取り入れてみてください。

プレビュー画像: ©pinterest/homedit ©pinterest/lacasadefreija

出典

プレビュー画像: ©pinterest/homedit ©pinterest/lacasadefreija

コメント

おすすめの記事