【料理がはかどる】キッチンの便利で簡単な裏ワザ7選

キッチンで費やす時間って結構長いですよね。簡単に思える作業でも意外と時間がかかったり、思いがけぬ失敗をリカバーするのにあたふたしたり。時間のかかる作業を楽にしてくれる便利な裏ワザや、料理中のアクシデントの簡単な対処法を集めました。

1. 熱々トーストをトースタからつまみ出す

必要なもの:

  • 木製洗濯バサミ

やり方:

トースターを持っている人なら必ずある失敗が、焼けたトーストをトースターの中に落としてしまうこと。指でつまんで取ったり、フォークなどで取るのは禁物!火傷や感電の恐れがあり危険です。そんな時には木製の洗濯バサミや、木製・竹製の箸を使って救出しましょう。プラスチック製や塗り物の箸を使うと溶けてしまうので避けましょう。

2. しょっぱいスープ

必要なもの:

  • じゃがいも

やり方:

うっかり塩を入れ過ぎて塩辛くなったスープ。でも焦る必要はありません。皮をむいたじゃがいもを入れて10分茹でましょう。じゃがいもが塩分を吸収して、スープがよみがえります。

3. マッシュルームを同じ厚さにスライス

必要なもの:

  • エッグスライサー

やり方:

沢山のマッシュルームをスライスすると、なんだかんだ言って時間がかかります。そんな時に使えるのがエッグスライサー。スライサーにのせて玉子と同じようにスライスするだけで素早く完了です。

4. 大きさを揃えて団子を作る

必要なもの:

  • アイスディッシャー

やり方:

肉団子などを作る時にサイズが不揃いだと均一に火が通りません。そんな時に使えるのがアイスクリームをスクープで取り分けるのに使うアイスディッシャーです。もし今家になかったとしても、もし今度お店で見かけたら買っておいてみましょう。きっと重宝します!

5. コーンを全部弾かせる

必要なもの:

やり方:

ポップコーンを作る際、結構な割合でコーンの粒が弾けないことってありますよね?この裏ワザを使えばほとんどの粒を弾けさせることができます。粒を10分水に浸け、その後水を切って乾かします。その後通常通りに火にかけるとコーンが面白いように弾けます。

6. 浮いた油を取り除く

必要なもの:

  • 穴あきおたま

やり方:

肉を煮込んだりするとスープの表面に油がいっぱい浮かんできます。きれいにとるのはなかなか面倒。そんな時に使えるのがこの簡単な裏ワザです。穴あきおたまに氷をのせてスープの表面をすくってみましょう。浮いている油が固まって取れるようになります。

7. ジャムを最後まで有効利用

必要なもの:

  • 牛乳

やり方:

瓶入りのジャムを使うと、最後に少し残ってしまうジャムがもったいない。でも心配ありません。瓶に牛乳を入れて蓋をしっかりと締めて振りましょう。ジャムのフレーバーの牛乳ドリンクになります。

台所に立つ時間が短縮できたら、その分趣味やリラックスの時間にあてましょう。台所に立つのが好き!?だったらご紹介した裏ワザでさらに料理が楽しくなるはずです!

コメント

おすすめの記事