ちえとくをフォローする

ヘルスケア

カカオポリフェノールってすごい|1日2杯のココアが体に嬉しい理由

ホットカーペットや毛布など暖房グッズを準備したり、暖かい衣類を着る季節になると飲みたくなるのがココアです。甘い香りとクリーミーな味わいは、疲れた時や冷え込んだ日にほっとさせてくれるものです。

そんなココアですが、実はかなり体に嬉しいメリットが詰まった飲み物だということを知っていましたか?ココアの主な原料となっているのが、カカオ豆。カカオ豆を粉砕し、分離したカカオマスから脂肪分を除いたものがココアとされています。

そんなココアにはカカオ豆由来のカカオポリフェノールがたっぷり。またカカオポリフェノールの他にも、リラックス効果が注目されるテオブロミンや、食物繊維のリグニン、カルシウム、マグネシウムなどの微量ミネラル類など、体に嬉しいたくさんの成分が含まれていることから、ココアを飲むことで体に多くの嬉しい健康効果が期待できると言われています。ココアの持つ嬉しい作用は以下の通り。

ココアが持つ7つの健康効果

  • 血流を促し、冷えやむくみを解消

ココアに含まれるテオブロミンやカカオポリフェノールのフラバノール、プロシアニジンといった成分は末梢血管を拡張し、血流を増やし体温を上昇させる働きがあると言われています。この作用により、手足の冷えやむくみの解消効果などを期待することができます。また、体を温める食材の代表にはショウガがありますが、ショウガと比べココアの場合は、体温の維持性が高くポカポカが長続きするそうです。

  • ウオーミングアップ効果が持続する

上記に挙げたように、ココアに含まれるカカオポリフェノールには体表温度維持効果があることから、運動時のウオーミングアップ(準備体操)の効果を持続させる働きがあるという報告がされています。

運動前にココアを飲むことで、ウオーミングアップ後の足の関節の動きや筋力を持続させることができ、筋力アップや筋力バランスの改善、また動きやすい体を長時間維持することができるようになったという研究結果が出ています。

  • 動脈硬化を抑制する

動脈硬化を引き起こす原因の1つは悪玉コレステロールの酸化。カカオポリフェノールは強い抗酸化作用を持っており、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ作用があります。そのため、ココアを飲むことで動脈硬化を抑制する効果を期待することができます。動脈硬化以外にも、コレステロール値が気になるという方にもおすすめです。

  • 高血圧の改善

カカオポリフェノールを摂取することで、血管が広がり、血圧低下の効果を期待することができます。

  • 便秘解消

カカオポリフェノールの他にも、ココアに含まれるリグニンという食物繊維は不溶性のため、水分に溶けずに便のかさを増やすことで腸壁を刺激し、便通を促進してくれます。また、リグニンには便の臭いを吸収する働きもあるため、体臭や便臭が気になっているという人にもおすすめです。便秘解消に、血行促進効果のあるココアを飲めば、便秘やむくみといった悩みが解消されることからぽっこりお腹や気になる下半身のむくみ解消にも効果を期待することができます。

  • 脳の機能改善

体に嬉しい作用を持つココアの成分ですが、実は脳機能にも大きなメリットを持つと言われています。ココアに含まれるカカオポリフェノールのフラバノールには血管機能の改善効果があるされていますが、ココアを摂取したのちに、脳の血管の機能が活性化され、同時に一部の認知機能も向上することが、イギリス・バーミンガム大学の研究で明らかになっています。

また、このカカオポリフェノールを摂取することにより、脳の神経細胞の活動を促すたんぱく質を増やし、記憶力や学習能力をアップさせることにつながるそうです。この他にも苦み成分のテオブロミンが、カフェインに似た構造をしており、脳内ホルモン「セロトニン」の分泌を促して精神を安定させる働きを持っていることから、集中力のアップ、リラックス、ストレス解消、などに効果を期待することができます。

  • 肌の老化を抑制

肌の老化の原因となるのは、年齢や日焼けによるダメージ。ココアに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素の働きを抑制してくれるため、肌の老化を抑制する効果が期待でき、シミやシワの防止にも役立ちます。

嬉しい作用をたっぷり持つココアですが、その作用を効果的に摂取できるとされるのが純ココアです。

砂糖や脱脂粉乳、全紛乳、乳化剤などを加えて、手軽に飲みやすくされているミルクココアの場合はカロリーや糖分が多いため、健康効果を期待する場合は、純ココアを飲むのがおすすめです。具体的な摂取量は1日2~3杯が目安とされています。

純ココアパウダーを使ったココアの作り方は以下の通り。

<基本のココアの作り方>
用意するもの:
– 純ココア 5g
– 砂糖 7g
– 水 10cc
– 牛乳 120cc

作り方:
ココアを水で溶かし、ペースト状になるまで練ってから牛乳を混ぜ合わせます。(砂糖を加える場合は、水で溶かすときに加えます。甘味は好みで調整してください)

基本のココアに、カルダモンやシナモンといったスパイスを混ぜたり、また甘みにバナナを使ったりと色々とアレンジして飲むことができます。健康効果がたっぷり期待できるココア。今年の秋冬は、ぜひ純ココアを試してみてください。

プレビュー画像:©︎Pinterest/Tomomi S