クリスマスに最適な手作りギフトをヨーロッパ風に作るアイデア6選

 

クリスマスが近くなってくると気になるのが親しい人や親しくなりたい人に贈るプレゼント。でもギフトを買うと、お金がかかってしまう!そんな心配を吹き飛ばしてくれるのが、この手作りギフトをヨーロッパ風に作るアイデア6選です。植木鉢にお菓子を入れたり、写真入りツリーデコレーション、西洋風雪だるまをモチーフにバスボムなど色々作ります。

1. お菓子鉢

必要なもの:

  • 植木鉢 小
  • アクリル塗料
  • 木の棒
  • お菓子
  • 毛糸 赤と白
  • ボタン

作り方:

1.1 植木鉢2個を使って2つのバージョンを作ります。まず初めは西洋風の雪だるま。植木鉢の底の穴に木の棒を突っ込んで、本体外側の下の部分を白、縁の部分を黒にアクリル塗料を塗ります。こうすれば台において塗るよりも簡単です。乾かす際には棒ごと立たせておきます。乾いたら雪だるまの顔を描き入れて、中にお菓子などを入れて完成です。

1.2 もう1つのバージョンはサンタの服に仕立てます。植木鉢の縁の部分を白に塗り、塗料が乾いたら本体外側の下の部分に糊をつけてから赤の毛糸を巻き付けます。同じように白い塗料を塗った部分に白の毛糸を巻き付け、ボタンを赤い部分に取り付けます。中にお菓子を入れて完成です。

2. ツリーの写真入りデコレーション

必要なもの:

  • プラスチックのボール
  • 写真
  • セロテープ
  • グリッター
  • リボン

作り方:

プラスチックのボールの大きさに合わせて中に入れる写真を切り出します。セロテープで写真をボールの内側に固定し、グリッターを詰め込みます。ボールを閉じたらぶら下げるための紐をセロテープ(もしくはホットグルー)で固定し、リボンで紐を固定した部分を飾り付けて完成です。

3. 西洋風雪だるまのキーホルダー

必要なもの:

  • 木の玉 2個 穴付き 大小
  • アクリル塗料
  • 木の棒
  • マジックペン
  • 紐 もしくは革紐
  • フェルト
  • 接着剤

作り方:

3.1 木の玉に棒を差し込んで白に塗ります。塗料が乾燥したら小さい球にペンで顔を、大きなたまにはボタンを描き入れます。

3.2 紐を通して2つの玉をまとめ、フェルトで作ったマフラーを接着剤で固定して完成です。

4. ストローツリーのギフト用アクセサリー

必要なもの:

  • ストロー クリスマス柄の物
  • ハサミ
  • 星のステッカー

作り方:

4.1 ストローを異なる長さに切り、並べた際に縦に長い三角形になるようにします。糊でくっつけます。

4.2 ツリーの先端に星のステッカーと紐をつけて完成です。

5. 星形ろうそく立て

必要なもの:

  • オーブン粘土
  • クッキー型 星形で大きさの異なるもの
  • クッキングシート
  • ホットグルー
  • ろうそく用金具

作り方:

5.1 オーブン粘土を平たく伸ばし、クッキー型で6つの星形に切り抜きます。天板にクッキングシートを敷き、110 °C のオーブンで30分焼きます。

5.2 ホットグルーで大きい星から順番に重ねて接着します。

5.3 一番上にろうそく用口金を接着して完成です。ろうそくを刺して火を灯して楽しみましょう。

6. 西洋風雪だるまのバスボム

必要なもの(4個分):

  • コーンスターチ 30g
  • 重曹 110g
  • 粉ミルク 75g
  • ラウリル硫酸ナトリウム 65g
  • グリセリン 50g
  • ココナツオイル 20g
  • 精油オイル オプション
  • マスク
  • ゴム手袋
  • 食用色素 オレンジ
  • ネズの実
  • オールスパイス
  • 爪楊枝

作り方:

6.1 まず最初に粉状のコーンスターチ、重曹、粉ミルク、ラウリル硫酸ナトリウムの4つを混ぜあわせます。ラウリル硫酸ナトリウムを取り扱う際にはマスクとゴム手袋を使います。

6.2 グリセリンとココナッツオイル、オプションで精油オイルを加えてよく混ぜます。混ぜる際にも手袋を使います。

6.3 頭用の少し小さめの玉を4つと、体用の少し大きめの玉を4つ作ります。またお好みによって頭と体の間に入れる部分も丸い球を4つ作り、平たく整えます。クッキングシートの上に並べます。

6.4 残ったミックスの少量を取り分けてオレンジの食用色素を加えて鼻を作ります。乾燥すると形が整えづらくなるので、乾燥する前にすべての形を整えます。

6.5. ネズの実で目を作り、オールスパイスでボタンを作ります。頭部に爪楊枝で穴を開けて、鼻を取り付け、乾燥させます。

6.6 全てのパーツを爪楊枝で繋げます。透明なギフト用ラップなどで包んで完成です。お風呂に入れる際には爪楊枝を忘れずに抜くようにしてください。

鮮やかな色のギャラクシー・バスボムプラ板で作るキーホルダーもお楽しみください。

コメント

おすすめの記事