Connect with us

Lifehacks

キャセロールレシピで人気な5品

キャセロールレシピで人気な5品を集めました。欧米でみんなが作っているオーブン料理の中でも、準備だけして焼くだけの作り方は意外と簡単、実際の手間を考えると時短レシピとしても活躍してくれます。秋冬の寒い季節を温かく過ごすのにピッタリ。

1. サボイキャベツで作ったラザニア風お食事ケーキ

サボイキャベツ、またの名は「ちりめんキャベツ」。その名の通り葉が縮緬状になっており、しっかりとした歯ごたえでロールキャベツなどの煮込み料理に最適です。そんなサボイキャベツでボリュームタップリのラザニア風お食事ケーキを作りました。キャベツと肉をセットした鍋ごとオーブンで焼く豪快レシピです。

2. カリフラワーとひき肉のキャセロール

カリフラワーはレシピや調理方法のレパートリーがそれほど多くない食材のように思われがち。でも茹でて細かく砕いた後にひき肉と一緒にキャセロールでベイクしたら、肉の旨味が染み込んでとっても美味しくなりました。食事の糖質が気になる人にもオススメなヘルシー野菜です!

3. 米なすの肉詰めとマッシュポテトのキャセロール

秋といえばなす。寒くなってきたらキャセロール。なすの肉詰めをマッシュポテトのベッドの上にならべ、チーズを思う存分かけてじっくり焼いたのがこのキャセロールです。普通のなすの肉詰めでは味わえないほどの満足感です。

4. 時短・簡単ゴロゴロミートボールのグラタン

グラタンレシピは老若男女関わらずに人気があります。旨味たっぷりのゴロゴロミートボールは、生ソーセージを使うと手が汚れず、洗い物も出さずに作れてとても簡単!じゃがいもとカリフラワーがホクホク、濃厚なホワイトソースが絡んでボリューム満点。簡単で材料も少ないので普段の夕食メニューにぴったりです。

5. とんがりロールキャベツのキャセロール

ロールキャベツをオーブンで焼き上げたレシピです。もしスーパーで、ひときわ変わったとんがりキャベツを見つけたらこのレシピのことを思い出してください。ほくほくのじゃがいもととろけるチーズが、パプリカの甘みとトマトソースの酸味とぴったり。見た目も豪快です。熱々できたてを、ガッツリどうぞ。

パパっと用意してからオーブンで焼く間に他の物を作れるキャセロール料理は品数を増やしたい時に活躍してくれます。オーブントースターでも作れるので、大きさを合わせて作ってみてください。