虫除け・衣類の防虫剤としても|万能なラベンダーオイルの10の活用法

ラベンダーの香りには、気持ちを落ち着かせてくれる効果があることはよく知られています。 でも、ラベンダーにはあまり知られていない様々な活用法があります。ラベンダーから抽出されるオイルには、私たちの生活に様々なメリットを生み出してくれる魔法の効能が含まれているのです。今回はそんなラベンダーオイルの活用法をご紹介しましょう。

1. 虫よけとして

夏は庭やベランダの窓を開けて解放感を楽しみたいところですが、悩ましいのが虫ですよね。そんな時に活躍してくれるのがラベンダーオイルです。レモンオイルと同様、ラベンダーオイルには虫が嫌がる成分が含まれており、強力な虫よけ効果を発揮してくれます。使い方は簡単、オイルバーナーの上にラベンダーオイルを数滴たらし、成分を揮発させるだけです。肌が敏感というわけでないという人は、手首や足首、ふくらはぎなど、蚊に狙われやすそうなところに直接オイルを揉みこんでおくのもいいでしょう。

ラベンダーオイルを使って、自家製の虫よけスプレーを作ることもできます。作り方はこちらを参考にしてみてください。

First mosquito bite 2010

2. 虫刺されや小さな傷に

それでも蚊に刺されてしまった…そんな時には、ラベンダーオイルは腫れやかゆみを鎮めてくれる薬としても活用することができるのだそうです。適量を患部に塗り込んでみましょう。もし肌が敏感で過剰に反応してしまうという場合は、ココナッツオイルと混ぜたものを使うようにしてみてください。配合は、ラベンダーオイル2滴に対してココナッツオイルを小さじ1杯程度です。

ラベンダーオイルはまた、傷や火傷、日焼けした個所などに塗ることで、痛みを和らげて回復のスピードを速めてくれるだけでなく、感染症を予防することもできます。

Mücken_Seron_Mat

3. 頭痛に

ここまで紹介してきた効能の他にも、ラベンダーオイルには気持ちを落ち着けるリラックス効果を持っています。そもそもラベンダーは頭痛を和らげて睡眠を助けるための民間の薬としても使われてきたという歴史がありますよね。12滴を手に取り、こめかみに塗り込むようにマッサージしてみましょう。肌の刺激が気になるという人は、ラベンダーオイル数滴を布に染み込ませ、そのまま額に当てておくだけでも同様の効果があるそうです。

Sod off and leave me alone

4. 髪の乾燥に

ラベンダーオイルは髪に使えばフケや頭皮の乾燥を防ぎ、さらに髪のきしみも和らげてくれる効果があります。今回はラベンダーオイルを使ったシャンプーの作り方を2通りご紹介しましょう。まず、ぬるま湯にオイルを数滴たらし、それを空のシャンプーボトルなどに入れて、良く振って中身をかき混ぜましょう。これを髪になじませ、数分経ってからシャワーで洗い流します。もう一つの方法は、オイルをくしにまぶし、それを使って髪をとかすという簡単なものです。

dandruff

5. 蛾の対策として

衣類にラベンダーオイルを使うという方法は、何代も前から伝わる伝統的なものなので、知っている人も多いと思います。ちなみに、なぜ服にラベンダーオイルなのでしょうか?クローゼットの中では、毒を持つ蛾が服について繁殖することがありますが、ラベンダーオイルをつけておけばこのような虫を寄せ付けないのです。さらにこのオイルは生地にシミを作ることもなく、繊維を傷つけることもありません。

クローゼットの中の虫よけという話で言えば、ラベンダーを袋に詰めたラベンダーバッグを使うという人もいるでしょう。ラベンダーに含まれる成分には虫が嫌がるものがあり、わざわざバッグを作成しなくても、オイルをただ垂らしておくだけで同様の効果が期待できるというわけです。例えばコットンボールやハンカチにオイルを浸み込ませ、クローゼットの中に置いてみましょう。

Alonso Aguilar/ Shutterstock

6. 洗濯物の香りづけに

ラベンダーオイルはさらに、洗濯物に爽やかな香りを加えるという使い方もできます。これには様々な方法がありますが、一番手っ取り早いのはスプレーボトルにぬるま湯とラベンダーオイルを数滴混ぜたものを入れ、洗濯物に吹きかけるという方法でしょう。この形であれば、洗濯の前でも後でも好きな時に使用することができます。ラベンダーオイルはどのような素材の布にでも使用することができるので、例えば臭いのつきやすいカーテンなどに吹きかけて消臭効果を狙うということもできます。

家に手ごろなスプレーボトルがないという場合には、洗濯機に洗剤を入れる際にオイルを適量一緒に投入するという方法でもいいでしょう。あるいは、オイルを浸み込ませた布を洗濯物と一緒に乾燥機に入れるというのも効果的です。または、アイロンの水にオイルを少量混ぜておくのもアリです。

mrkob/ Shutterstock

7. お皿洗いに

ラベンダーオイルには殺菌効果もあるため、皿洗いの際に活用することもできます。方法は簡単、食器用洗剤にオイルを数滴混ぜるだけです。抗菌効果のある洗剤となるだけでなく、さわやかな香りがキッチンを包み込んでくれることでしょう。

dishes

8. 木材のツヤ出しに

ここでは、木製の家具や床に使える自家製ツヤ出しワックスをご紹介します。ラベンダーをワックスに入れることで、床や家具にツヤが与えられるだけでなく、良い香りが家中を包み込んでくれます。このワックスを作るときは、エッセンシャルオイルを使うようにしましょう。

9. 筋肉痛に

ラベンダーオイルはなんと、筋肉にも良い効果を与えてくれるようです。筋肉痛のある箇所にマッサージしながらも見込んでみましょう。リラックス効果のある香りがすぐにあたりに広がるはずです。

Luis Molinero/ Shutterstock

10. 防菌剤として

ラベンダーオイルのすごいところは、例えば壁に生えるカビなどを撃退してくれるだけでなく、身体の菌の問題にまで絶大な効果を発揮してくれる点です。家のカビに対しては、強力なアルコールにラベンダーオイルを加えたものをスプレーボトルに入れ、気になる箇所に優しく吹きかけてみましょう。

菌の感染による身体の問題としては、例えば水虫やカンジダなどがあります。中でも水虫は最も有名な菌の感染症かもしれません。またカンジダは主に身体の粘膜部分に感染します。どちらも治療方法としてラベンダーオイルを活用することができます。ただし、深刻な症状の場合はまず医師に相談することをお勧めします。

Athlete's Foot
いかがでしたか?たった数滴であなたの生活は劇的に変わるかもしれません。化学製品に頼る前に、天然由来の解決策としてラベンダーオイルを試してみてはいかがでしょうか。

出典

diynaturalsmarticular, lavendeloelwunderweib 

http://www.herb-magazine.com/archives/190

コメント

おすすめの記事