ドイツのクリスマス伝統 魔法で作った「お菓子の家」の作り方【レシピ動画】

童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくるあの魔法で作った「お菓子の家」、子どもの頃憧れたことがありませんか?グリム童話発祥の地ドイツでは、クリスマスの時期に蜂蜜とスパイスの入ったクッキーを使ってミニチュアの「ヘクセンハウス Hexenhaus(魔法で作ったお菓子の家)」を作ります。童話に出てくるお菓子の家のモデルとなった、ドイツ伝統菓子レープクーヘンで作る魔法の家のレシピをご紹介します。屋根の形まできれいにクッキーに焼き付けるつける裏ワザもお見逃しなく。

材料:

レープクーヘンハウス:

  • 蜂蜜 360 g
  • 砂糖 100 g
  • バター 100 g
  • 塩 ひとつまみ
  • 小麦粉 600 g
  • レープクーヘン用スパイス 小さじ4(シナモン2に対しクローブ1、ごく少量のオールスパイス、コリアンダー、カルダモン、ジンジャー、アニスシード、ナツメグのスパイスを入れて作ります)
  • ベーキングパウダー 小さじ2

アイシング:

  • 粉砂糖 225 g
  • 卵白 1個分

その他:

  • 絞り袋
  • お菓子 デコレーション用

作り方:

1. 鍋に蜂蜜、砂糖、バター、塩を入れて溶かし、大きなボウルに入れて冷まします。

2. 同じボウルに小麦粉、レープクーヘン用スパイス、ベーキングパウダーを入れてハンドミキサーでかき混ぜて生地を作ります。ラップをして2時間冷蔵庫に入れます。

3. もう一度生地を捏ね直し、4分の1を2つ切り離します。

4. 作業面に小麦粉を振り、4分の1の生地を薄く押し伸ばして屋根になる長方形を計2枚作ります。

5. 長方形の生地を網の上にのせ、指で軽く押して瓦のパターンを作ります。

6. 残りの生地を薄く押し伸ばし、下の写真のように家の他の部材を切り出します。全てをクッキングシートを敷いた天板にのせ、予熱した190 °Cのオーブンで10分焼きます。

7. レープクーヘンが冷めたら粉砂糖に卵白を混ぜて絞り袋に入れます。アイシングでレープクーヘンの部材を組み立てます。最低でも30分ほど乾かします。

8. 残りのアイシングでデコレーション用のお菓子を取り付け、窓枠や氷柱の装飾をします。

童話に出てくるお菓子の家そのものです。自分で作ったレープクーヘンハウスなら、屋根もドアもみんな食べても魔女なんて怖くありません。クリスマスデコレーションにぴったりなお菓子、ぜひ作ってみてください!

コメント

おすすめの記事