iPhoneチャージャーを無作為に選ぶと危険だった!その理由がこちら!

最近は、駅などの公共の施設でスマートフォンをチャージできるスポットが増えていますね。 その中でも特によく見かけるのが、アップル社の製品をチャージできる、ライトニングケーブルでしょう。

iPhoneなどの普及に伴い、ライトニンケーブルはもはや誰の家にも数本は眠っているほど身近なものです。しかしそれほど普及しているからこそ、注意が必要なケースがあります。

2019年8月はじめに開催されたハッカーの国際大会「DEFCON」で、ある驚くべきものが披露されました…その制作者であり、「MG」として知られるセキュリティ研究者にちなんで、「O.MGケーブル」と名付けられたそのケーブル、ぱっと見はごく普通のライトニングケーブルです。

しかし絶対に、あなたのスマートフォンにそのケーブルを接続しないでください…ハッカーが、遠隔地からあなたのパソコンやiOSデバイスにアクセスできるよう改造されているのですから!

この改造されたケーブルはごく普通に動作し、USB経由でデバイスを充電したり、iOSデバイスからファイルを転送したりも出来ます。ですから、「ハックされている」ということに気づくことすら難しいのです。

このように、テクノロジーの面ではあなたのスマホをハックして、個人情報の全てを抜き取ってしまうようなケーブルはすでに存在しているのです。まだ流通ルートに乗って猛威を振るうことこそしていませんが、不特定多数の人が使えるようなライトニングケーブルには注意が必要です。ハッカーがケーブルを入れ替えていないと言い切ることは出来ないのです。

1

予防策としてはまず、オンラインでケーブルを購入する際は必ず正規の販売元から購入するようにすることです。正規品と一見変わらない、安価なものも出回っていますが、それらには常にリスクが付きまとうということを忘れないでください。

また、前述の通り、不特定多数の人が行き交う場所でのライトニングケーブルの使用も注意が必要です。同様に、充電器を借りるときは信用できる人から借りるようにしてください。

1

いかがでしたか?テクノロジーが進み、便利になったからこそ、個人情報の流出等には誰もが慎重にならなければいけない時代になりました。正しいITリテラシーを持って、自分の情報も友達全員の情報も守っていく意識を持ちたいものです。ぜひシェアしてくださいね!

コメント

おすすめの記事