巻き爪予防:正しい爪の切り方

みなさんは足の爪を切るとき、いつもどうやって切っていますか?ほとんどの人が指先のカーブに沿うように切っていると思いますが、実はそれ大きな間違いなんです。

1

足の爪は「スクエアオフ」という切り方が正しいとされています。これは爪が引っかからない程度に横に真っ直ぐに切る方法です。爪の白い部分の長さが1mm程残るくらいが理想で、白い部分が四角くなるように切りましょう。

pin

反対に絶対に避けたいのは「バイアス切り」または「ラウンドカット」と呼ばれる爪の切り方です。これらは爪の両端を落とす切り方で、指先のカーブに沿って切ろうとすると、この状態になってしまいます。

pin

爪の角を短く切ることでむき出しになった皮膚が徐々に盛り上がってきてしまい、あとから生えてきた爪がその部分を刺激して炎症を起こすのです。

pin

炎症を起こした患部に伸びた爪が深く食い込むと痛みを伴うため、多くの人はまた爪の角を短く切り落としてしまいますが、爪が伸びてきたところでまた患部が刺激を受けて痛み出します。この繰り返しが、巻き爪の大きな原因となるのです。

いかがでしたか?今まで爪の切り方を間違えていた...という人は、巻き爪にならないためにも、角を残す「スクエアオフ」な切り方にすることをオススメします。

pin

巻き爪になってしまって悩んでいるという人は、こちらの動画のような矯正具の使用も検討してみてください。それでも症状が軽減されない場合は、重症化する前に専門医による診断・処置を受けて下さい。

コメント

おすすめの記事