両手にあるのは超珍しい!強運をもたらす手相・ますかけ線

みなさんは「ますかけ線」という言葉を聞いたことがありますか?実は「猿線」あるいは「百握り」とも呼ばれるこの線をもつ人は強運の持ち主だと言われており、あの織田信長や徳川家康、手塚治虫、福山雅治、宮崎あおい、フジコヘミングなどもますかけ線を持っている(いた)ことで知られています。

pin

しかし、このますかけ線は一体どのような影響をもたらしてくれるのでしょうか? ますかけ線をもつ人の多くは、良くも悪くも波乱万丈の人生を送ると言われ、恵まれた才能を若いうちから開拓することで、様々な方面で成功する可能性を高めることができるとされています。

pin

ますかけ線は「天下取りの手相線」とも呼ばれ、将来人の上に立ってリーダーシップを発揮する人が多いとか。性格としては打たれ強く、根性があり、独自の道を切り拓いていく能力とパワーを持っているとされます。ただ、ますかけ線を持っていても、自分の才能に合った職業を見つけられないでいると、平凡な人生に終わる人も少なくないそうで、やはり才能を発揮できる職業につけるかどうかが成功の鍵と言われています。

pin

また、ますかけ線をもつ人はコミュニケーション能力も高く、人を惹きつける不思議な魅力をもっている人が多いのが特徴です。ただこだわりが強くて頑固な面もあるため、周囲の人間は付き合い方に困ってしまう場合も多々あります。

pin

ますかけ線の人は勝負運は強いですが、どん底から成功者になることもあれば、大成功した後にどん底に叩き落とされることもあるなど、運気の浮き沈みが激しいのも特徴と言われています。

pin

ますかけ線と一口に言っても、色々なタイプの人間がいますが、この線をもつ人は誰もが強運を持ち、打たれ強く、我が道を猪突猛進していく高い能力と才能の持ち主だとか。自分はますかけ線が無い…という人は早速、お友達や家族にこの線が表れている人はいないか確かめてみてはいかがでしょう。強運を少し分けてもらえるかもしれませんよ!

コメント

おすすめの記事